link_bingo1




セーターが汗臭い!すぐできる臭いや汗シミを簡単に落とす裏ワザ!

bingo1

スポンサードリンク
 





秋口から春先にかけて、セーターを着る機会は多いですよね。

私も満員電車やオフィスの暖房で汗をかくことが多くて、外は寒いのに、たった2〜3回着ただけでセーターに脇汗が染みてしまった経験があります。

次に着ようと思ったらなんだか汗臭い・・・正直焦りますよね。

いちいちクリーニングに出すのは手間だし、お金もかかる!

でも汗の臭いが気になる!

そこで、クリーニングに出さずに自分でセーターの脇汗の臭いやシミを落とす方法をご紹介します。

ウールのセーターの脇に汗がついて臭い・・・ニオイを消すにはこれを試して!

スポンサードリンク

ウールのセーターに脇に汗が染みこんでなんだか臭い・・・

そんな時の臭い対策は「水分を含ませて蒸発させる」方法で対処できますよ。

セーターを夜間に干しておく

1日着たセーターは、帰宅後、そのままタンスなどにしまわず、ハンガーにかけて外に干しておきます。

汗を含んだセーターに夜の冷たい外気を通すことで、嫌な汗の臭いを緩和させます。

単純な方法ですが、まずは試す価値ありです。

セーターにアイロンのスチームを当てる

外気に触れさせても汗の臭いが取れない場合は、蒸気の力を借ります。

セーターに水分を含ませて、臭い成分を取り込んでから蒸発させる方法です。

アイロンをスチームモードにして、少し離れたところから、熱いスチームをセーターに当てます。

あまり近くに当てすぎると、アイロンの熱でセーターをダメにすることがあるので、あまり近づけないように気をつけてくださいね!

スチームを当てたあとは、一晩干して乾かします。

セーターに衣類用消臭剤を吹きかける

においの気になるセーターの脇に「ファブリーズ」や「リセッシュ」などの衣類用消臭剤をシュッと吹きかけます。

ニオイを消臭成分で分解したり、除菌して臭いの元を消す効果があります。

吹きかけた後は、干して乾かします。

この方法が一番手軽なので、私はいつもとりあえずファブリーズをかけてその場をしのぎ(笑)それでもニオイが気になるときは、洗うようにしています。

セーターについた臭いを取るポイントはしっかり乾かすこと!

セーターについた汗の臭いを消すこれら3つの方法で大事なのは、セーターをしっかり乾かすことです。

セーターが生乾きのまま再び着てしまうと、また汗をかいて雑菌の上塗りをしてしまうので

注意しましょう。

ニットの脇についた汗染みを落とす方法は?

冬場の汗は、夏の汗より皮脂成分が多いと言われています。

ですから、セーターの脇についた汗を洗わずに放置していると、染み付いて取れにくくなるんですね。

また、日が経つにつれて、汗じみになることも!

汗じみがついてしまうと、洗って落とさなければ、ニットの繊維を傷める原因にもなります。

そこで、ニットの脇についた汗染みを自分で洗う方法をご紹介しますね。

シャンプーでもみ洗い

汗染みは皮脂汚れなので、頭皮の皮脂落としに使うシャンプーを使ってみましょう。

お風呂に入ったときに、ついでにニットを洗ってしまうと楽ちんですよ!

セーターの脇の汗染みの部分に、ぬるま湯とシャンプーを垂らして、汚れを浮き出すように揉み込みます。

スポンサードリンク

中性洗剤で漬け置き

脇以外も汗は染みるので、ニット全体を洗いたい場合は、つけ置き洗いがおすすめです。

洗面器にぬるま湯と中性洗剤を溶かして、たたんだニットを一晩漬け置きます。

「ぬるま湯」は30℃程度、それ以上の温度だとニットが縮む原因となるので、注意してくださいね。

シャンプーでもみ洗い、中性洗剤でつけ置きの後はウールモードで洗濯

シャンプーでもみ洗い、または中性洗剤でつけ置きした後は、ニットを畳んでネットに入れて、洗濯機のウールモードで洗います。

そして、形を整えて平干しします。

ニットが洗っても臭いのはワキに原因があるかも

ニットの脇に汗の臭いがついて、洗ってもなかなか取れない・・・

またすぐに臭いがつくような気がする・・・

そんな時は、もしかしたらワキ自体に問題があるかもしれません。

身体の臭いを指摘するのって難しいですよね。

「あなたなんだかクサイ」なんてことは、思ってもなかなか本人には言えません。

ということは、自分の脇汗の臭いが気になるということは、周りの人は当然気づいていたかも!(゚◇゚)ガーン

もしニットを洗っても、1日着ただけですぐに臭いがついてしまうようなら、ニットの臭い対策だけでなく、根本的にワキ汗対策をしたほうが良いかも・・・

というのも、実は私、ワキ汗の臭いがすごく気になっていました。

冬でも市販の制汗剤を使っていましたが、少し汗をかくとすぐにまた臭うような気がして、ニットを着るのがブルーになっていました。

そんなときに、殺菌率99.999%という、すごいデオドラントクリームを発見したんです。

私は今までスプレータイプの制汗剤を使っていましたが、汗をかくとすぐに取れてしまうし、ニットにパウダーが付くのが悩みでした。

汗の臭いに加えて、スプレーの臭いもダブルでくっつく・・・みたいな(苦笑)

でも、この「薬用ネオテクト」はクリーム状なので、ワキにピッタリ密着して、汗も臭いも抑えてくれるんです。

「薬用」と聞くと、なんとなく成分はたくさん入っているけど、肌への刺激もありそうなイメージがありますが、このクリームは無添加なんですね

私は敏感肌ですが、肌も痒くならずにサラサラ状態が続いて気持ちがいい!

ワキだけじゃなく、臭いの気になる足や全身に使えるので、1年中コレひとつです。

↓今なら、定価7,980円が980円特別価格でお試しできます!

まとめ

セーターについた汗の臭いや汗シミを簡単に落とす方法について、ご紹介しました。

汗染みには、皮脂が混じっているんですね。

湿気を含むと臭いも増すので、セーターを着た後は、風通しの良い場所に干しておくとよいですね。

もし汗シミができてしまったら、なるべく早く、部分洗いや漬け置き洗いで対処しましょう。

洗ってもニットに臭いが残ったり、すぐにまた汗臭くなるようなら、根本的なワキ汗対策も考えてみてくださいね。

私はワキ汗対策することで、セーターを洗うストレスからも解放されましたので。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告