link_bingo1




スポーツの日は2021年以降はいつになるの?7月の4連休はどうなる?

bingo1

スポンサードリンク
 





今年のカレンダーを眺めていたらふと7月24日「スポーツの日」が目に留まりました。

7月23日が海の日、24日がスポーツの日、その後土曜日、日曜日が続くのでなんと4連休なんですよね!

あれ?でも「スポーツの日」なんて、去年まではありませんでしたよね。

そうなんです。

「スポーツの日」は元々は10月の「体育の日」のこと。

2020年から「体育の日」が「スポーツの日」に改名されました。

で、今年の7月の4連休は、東京オリンピック開催のために2020年だけの特別措置なんです。

でも、オリンピックは延期になっちゃったので「スポーツの日」は来年からどうなるのでしょうか?

そこで、スポーツの日や7月の連休は2021年からはどうなるのかをご紹介します。

スポーツの日は2021年は7月?それとも10月?

スポンサードリンク

結論から言うと、2021年のスポーツの日は7月23日です。

【参考】内閣府ホームページ

スポーツの日は、10月の第2月曜日と決まっています。

ですが、2020年に限り東京オリンピックの特別措置として7月24日に移動したため、2021年からは本来の10月になるはずでした。

『平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年法律第55号)』によって定められました

それが、オリンピックが2021年に延期になったことにより、2021年もこの特例措置の対象にしようという改正案が出されました。

特別措置法は、あくまでも2020年に限った内容なので、2021年については改めて法改正しなくちゃいけなかったわけですね。

そして、無事に改正案が通ったため、2021年のスポーツの日はオリンピック開幕日の7月23日に決まりました。

7月の4連休は2021年はどうなる?

スポンサードリンク

ということで、オリンピック特別措置法が2021年も適用されることになったため、2020年同様に7月の開会式前後に合わせて4連休になります。

従って、2021年7月は

7月22日(木)※開会式前日 → 海の日

7月23日(金)※開会式当日 → スポーツの日

7月24日(土)

7月25日(日)

このように2020年と同じく4連休になります。

また、山の日(8月11日)は閉会式当日の8月8日に変更になり、翌8月9日は振り替え休日になります。

ということで、2021年は7月22日から4連休、8月7日から3連休になりますね!

会社員にとっては嬉しいニュースですね・笑

ただ注意すべきは、スポーツの日が7月に移動するので10月は祝日がなくなっちゃうことです。

7月に良い目を見た分、10月は祝日なく働かなくてはなりません。

10月が辛そうですね(^_^;

スポーツの日は2022年以降はいつ?

「スポーツの日」は元々の「体育の日」です。

2020年、2021年はオリンピックの特別措置で7月に移動しただけなので、2022年以降は本来の10月の第2月曜日に戻ります。

ということで、2022年の「スポーツの日」は10月10日(月)ですね。

体育の日と言えばやっぱり10月10日のイメージが強くありませんか?

ハッピーマンデーで体育の日を絡めて連休になったのは嬉しいけれど、いまだに10月10日が休みだったり、休みじゃなかったりすることに慣れない昭和な私です。。

スポーツの日は2021年以降はいつになる まとめ

2021年のスポーツの日は、オリンピック特別措置法が改正されたため、2020年と同じく7月に移動になります。

余計なお世話ですが、来年の祝日が決まるのが遅かったので、カレンダー業界はカレンダーの準備が間に合うのかなぁ…と気になっています。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告