link_bingo1




クリスマスに食べるパネトーネの由来は?どんなお菓子?食べ方は?

bingo1

スポンサードリンク
 





イタリア料理が好きで、外食は大抵イタリアン。

料理はよく知っているけれども、

先日、世界のお菓子についての番組を観た時、

初めてイタリアのクリスマス菓子「パネトーネ」を知りました。

名前は聞いたことがあるような、でも、食べたことはなくて。

クリスマスのお菓子といっていたので、季節限定なのかも。

どんなお菓子なんでしょうか?

ぜひ由来が知りたい!

どうしてクリスマスに食べるようになったの?

ヨーロッパでは、その国ごとに

クリスマスに食べる特別なお菓子があります。

パネトーネもその一つ。

イタリアのパネトーネについて、

その由来や食べ方などをご紹介します。

よくわかるパネトーネの由来  なぜクリスマスに食べる?

スポンサードリンク

クリスマスが近くなると、イタリアのみならず

ヨーロッパ各国のスーパーマーケットには

可愛いパッケージの箱に入ったパネトーネが並びます。

クリスマスを待ち望んでいる子供たちは

店頭に並ぶ可愛いイラストの大きな箱を見つけては

お母さんにねだっているのを見かけます。

ヨーロッパカトリックの国々では、

クリスマスの4週間前から

その地域に見合ったパン菓子を作って

少しづつ食べる習慣があります。

イエスを身籠りつつ貧しい旅をしたマリアとヨセフを思い、

クリスマス前は質素な食事で過ごすのです。

パネトーネはしっかり発酵させたパン種に

ドライフルーツを練り込んだふわふわのブリオッシュ

イタリア ミラノが発祥ですが、

今では世界中で愛されています。

スポンサードリンク

パネトーネは日持ちはどれぐらい?賞味期限は?

パネトーネの特徴は、

その柔らかい食感長期保存できるところです。

クリスマスにちなんだパン菓子は、

長期常温保存に耐えられないと、その役が果たせません。

そのため、じっくり自然発酵させて焼き上げています。

冷暗所に置いておけば3ヶ月

長いものでは1年も置いておけるものもあります。

クリスマス4週間前からイブまで食べるには、

切った部分が外気に触れないようにラップで包み

常温保存します。

食べ切らなかった分を長期保存する場合は、

さらにジッパー付き袋に入れて冷凍保存を。

食べる時は自然解凍か、

ラップを外してレンジで軽く温めます。

まとめ

イタリアのクリスマス菓子パネトーネの由来

食べ方についてお伝えしました。

実はパネトーネにはもう一つの由来があります。

貧しいパン職人の娘と結婚したかった名家の青年が、

職人に貴重だったドライフルーツやバターを贈り、

美味しいパネトーネを作らせました。

そのパンが人気になり、パン職人は財を成し、

晴れて若い2人は結婚します。

パン職人トニーのパンなので

パネトーネと呼ばれるようになった、というお話。

そんなステキな逸話を思いつつ、

今年のクリスマスはふわふわの美味しいパネトーネを

ぜひ味わってみてくださいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告