link_bingo1




ピンチ!洗濯機が壊れた!万が一のときの手洗いと脱水の仕方は?

bingo1

スポンサードリンク
 





ある日突然洗濯機が壊れてしまった!!

近所にコインランドリーがないので、

家族の洗濯物を手洗いする羽目になってしまいました。。

一人暮らしの少ない洗濯物なら、

手洗いでも何とかなるでしょう。

でも、何人分もある家族の洗濯物を

手で洗うのは大変ですよね。

たくさんの洗濯物を手洗いするには、

どうすればいいでしょうか?

洗濯機が壊れたときの手洗いのやり方をご紹介します。

洗濯機が壊れた!手洗いのやり方を衣類別に教えます。

スポンサードリンク

洗濯機の普通コースで洗っている衣類の場合

まずは、いつも洗濯機の普通コースで

洗っている衣類から始めましょう!

少ない洗濯物なら、洗面台洗い桶で十分です。

でも、たくさんある場合はとても間に合いません。

そこで、お風呂の浴槽を利用します。

浴槽に約40℃のお湯を溜めます。

深さは、大体5㎝~10㎝くらいです。

浴槽の大きさや洗濯物の量によって違いますが、

洗濯物が浸かるくらいでOKです。

洗剤を先に溶かしておいてください。

量は、いつもの洗濯で使うのと同じくらいにします。

それから洗濯物を入れて、よく浸します。

このまま、5分以上放置します。

洗剤とお湯の力で、汚れが浮き上がるのを待つのです。

この間に他の家事をして20分~30分放置してもいいですよ。

さて、しばらく放置したら、

はだしになって洗濯物を軽くふみふみします。

素足に抵抗があったり肌が敏感な人は、

足にビニール袋を履くといいですよ。

この時、あまりのお湯の汚さに驚いて、

洗濯物をグイグイ踏みたくなるかもしれません。

でも、そこはグッとこらえてください。

洗濯物が傷んでしまいますからね。

軽く軽~く踏むだけですよ。

すすぎの段階でも汚れは落ちますから。

次に浴槽の栓を抜いて、お湯を落とします。

この時、排水口の周りから衣類を除けてください。

衣類が排水口を塞ぐのを防ぐためです。

排水したらまた栓をして、

すすぎ用のお湯を溜めてふみふみ

また排水してふみふみ

もう一度お湯を溜めてふみふみ

排水してふみふみです。

これで、通常の洗いの段階は、終了です。

手洗いコースやドライコースで洗っている衣類の場合

手洗いコースやドライコースで洗っているものは、

スポンサードリンク

たぶん量は少ないでしょう。

洗い桶洗面台でお湯を溜めて、手洗い専用洗剤を溶かし、

洗濯物を沈めましょう。

沈めたら、あとは触らないでください。

ゴシゴシバシャバシャは、絶対NGです。

せいぜいお湯をいきわたらせるために、

2~3回ゆらす程度にします。

3分~5分放置したら、排水します。

この時も、洗濯物には触れず

自然にお湯が流れるのを待ちます。

それからすすぎのお湯を溜めて、軽く揺らして排水。

もう一度繰り返して、終了です。

洗濯機が壊れた!手洗いした後の脱水はこうすると楽ちん!

さて、ここまではなんとかいけるのです。

問題はここから。

脱水をどうするかです。

手でぎゅっと絞れるものはいいですよね。

だけど、ぎゅっと絞ったら傷んだり型崩れしそうなものは?

まず、小さく畳んでタオルに包み、

上から押して水気をタオルに吸わせる方法

タオルがびしょびしょになったら、

タオルを絞ってまた使います。

野菜水切り器(サラダスピナー)を使うという手もあります。

サラダを作るとき、

野菜の水気を切るためにグルグル回すアレです。

サラダ用なので一度にたくさんの脱水はできませんが、

洗濯機を使えない期間が長引くようなら、

購入するのもいいかもしれません。

洗濯機が使えないと洗濯そのものも大変ですが、

女性の場合、冷え性ではない人でも体が冷えてしまいます。

洗濯が済んだら、今度は自分のためにお湯を張って、

しっかり体を温めてください。

まとめ

洗濯機が壊れたときに、手洗いする方法をご紹介しました。

万が一の場合に覚えておくと良いポイントをおさらい!

  • たくさんの洗濯物を手洗いするには、浴槽を利用する方法があります。

力を入れすぎると衣類が傷むので、軽い力で踏みましょう。

  • デリケートな素材は専用の洗剤を使って、ほぼ浸すだけで十分です。

  • 脱水の方法は手絞りのほかに、

タオルで吸水する、サラダスピナーを使う、といったものがあります。

  • 手洗いをすると体が冷えるので、終わったら十分に体を温めてくださいね!
bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告