link_bingo1




ズボンの洗濯は裏返してするのが常識!?正しい洗い方を知っておこう

bingo1

スポンサードリンク
 





ズボンを洗濯する時、あなたは裏返して洗っていますか?

ズボンを干す時、裏返して干している人もいますよね。

ズボンを裏返して洗濯すると、何かいいことがあるのでしょうか?

ズボンを洗うときの表向きと裏返し、どんなメリットがあるのか解説します。

ズボンの洗濯は裏返してするのが良い理由は?

スポンサードリンク

ズボンを裏返して洗うと、どんなメリットがあるのでしょうか。

ズボンを表向きで洗うと、生地の表面に摩擦を受けて、

生地が傷みやすくなります。

でも裏返しにして洗うと、生地の傷みが少なく、

風合いを長く保つことができます。

お気に入りのズボンを長持ちさせたいなら、

裏返しにして洗うのがいいですよ。

しかし、汚れ落ちの良さで見ると、

表向きの方が汚れは落ちやすくなります。

生地の傷み具合と汚れ落ちの良さは、

まさに裏返しの関係です。

生地が傷まないように洗えば、汚れ落ちは悪くなり、

汚れをしっかり落とそうとすれば、生地は傷みやすくなります。

デリケートな素材は裏返して洗い、

作業ズボンは表向きで洗うなど、

素材や汚れ具合によって、区別して洗うのが良さそうですよ。

ズボンを洗濯したら裏返しのまま干すのが正解!?

こうして洗ったズボンを干す時は、

裏返したままで干すのがいいのでしょうか。

ズボンを表向きにして干すと、紫外線の影響で色あせがおきます。

1回や2回の洗濯でどうということはありませんが、

季節の初めごろと終わりがけでは、色の鮮やかさが徐々に失われてきます。

色の劣化を最小限に抑えるには、

裏返して干した方が鮮やかさが長持ちします。

それに、乾きにくいポケットの部分が表側に出て、

乾きやすくなるという利点もあります。

ズボンを干す時は、裏返して干すのがいいでしょう。

スポンサードリンク

…でも、

こんなことを言っているのになんですが、

正直言って、私はズボンを裏返していません。

表向きで洗い、表向きで干しています。

えーっ!

今「裏返して干すのがいい」って言ったのに!?

…でも、それには理由があります。

小さいころ、祖母の家でちょっといい子ぶって、

洗濯物を干していた時のことです。

ひいおばあさんが側を通りかかり、裏返しに干した洗濯物を見て、

それは、死んだ人の服の干し方だから、ちゃんと表向きに干しなさい。

と言って、表向きに直していったのです。

死者の世界は目に見えないので、何とも言いようがありません。

けれども、目に見えないからといって、

完全否定する気持ちにもなれません。

ある地域では、

「服を裏返しに着ると、死者が負ぶさる。」

という言い伝えもあります。

だから私はデメリットを承知の上で、表向きに干しています。

どうしても色あせを避けたいお気に入りの服は、

室内で陰干しにします。

ズボンはピンチハンガーを使って円筒形に干し、

内側に空気が通るようにしています。

表向きでも裏返しでも、

ポケットの生地が重なっていることに変わりはないのですから、

表向きでもいいじゃありませんか。

だから、表向きに干されたズボンを親切心で裏返しにしたりすると、

とんでもなく迷惑になることもありますので、お気を付けください。

究極のところは、あなたが良いと思ったやり方が、

一番良いやり方だと思います。

まとめ

ズボンは、裏返して洗った方が生地を傷めずに洗えます。

干す時も裏返しの方が色あせを防ぎ、ポケットも乾きやすいですよ。

でも、表面の汚れ落ちは、表向きの方がよく落ちます。

生地の素材や汚れ方によって、洗い方を変えましょう。

それでもあえて表向きで干す人には、それなりの理由があります。

それぞれのやり方を尊重しましょう。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告