link_bingo1




黒い服が洗濯で白くなるのは何が原因?簡単に復活させる方法はコレ!

bingo1

スポンサードリンク
 





黒いお気に入りの服、洗っているうちになんだか白っぽくなった!?

その原因は、洗剤、紫外線、塩素などです。

復活させるには、家庭用の繊維染料で染めるという方法がありますよ!

洗濯で黒い服が白くなる原因と白くなるのを防ぐ方法、白くなってしまった黒い服を復活させるアイデアをご紹介します。

黒い服が洗濯で色落ちするのは何が原因?

スポンサードリンク

真っ黒でかっこいい服。

お気に入りだから、自然にヘビロテになります。

汚したくないから、着たら必ずお洗濯!

お手入れもバッチリです。

ところが、お洗濯を重ねていくと、真っ黒だった服がだんだん白っぽくなっていきます。

どうしてこうなってしまうのでしょうか?

何度も洗濯を繰り返していると、どうしても繊維が劣化します。

劣化して毛羽立ってきた繊維は、光に当たると白く見えます。

白い服が毛羽立って白くなっても、気にはなりませんが、黒い服が毛羽立つと気になりますね。

毛羽立ちを防ぐには、洗濯ネットに入れて余計な摩擦から守りましょう

時にはシワの寄った部分だけ、色が剥げてしまったように見えることがあります。

これは、水中に漂っていた繊維が、脱水の時にシワに寄り付いてできたものです。

「色むらができてしまったのか!?」と思って、一瞬ドキッとしますが、繊維やゴミが集まっただけなので、乾いた後ガムテープでペタペタすれば大丈夫ですよ。

いっしょに洗った白い服の繊維が、黒い服に吸着して白っぽく見えることもあります。

ほかの衣類の影響を受けないように、黒いものは別洗いにしたほうがいいかもしれません。

私はズボラなので、一緒に洗ってしまいますが…(笑)

水道水に含まれている塩素も、影響があります。

何度も洗濯するうちに、染料が化学変化を起こして色落ちしてしまうのです。

でも水道水を取り換えることはできませんね。

そんな時は、少量の塩を入れると、塩素の影響を和らげる効果があると言われています。

だけど私は、洗濯機のほうが劣化しそうな気がして、やったことがありません。

洗濯機と黒い服。

どちらを長持ちさせたいか…、あなたが選択してください!

洗濯だけに…。

それから、色あせの原因として忘れてはならないのが紫外線です。

紫外線による色あせを防ぐために、黒い服は陰干しにするのがおすすめです。

紫外線は、室内にも存在するので、完全に防ぐことはできません。

でも、外に干すよりは色あせを抑えることができますよ。

黒い服を洗濯するときにおすすめの洗剤は?

黒い服を洗濯するときに、どんな洗剤を使っていますか?

洗濯に使う洗剤の種類によっても、色落ちに違いがあります。

だけど、漂白剤は使わないようにしているし、使ってるのはごく普通の洗剤?

…普通の洗濯洗剤には、白いものを一層白くさせるものが入っています。

それは、蛍光増白剤です。

蛍光増白剤は、白いシャツや白いブラウスを鮮やかに見せる効果があります。

でも黒い服の場合は、白っぽく薄汚れた感じに見えてしまうのです。

黒い服が好きなあなたは、洗剤を選ぶときに成分表示を見て、蛍光増白剤の入っていない洗剤を選びましょう。

自分の持っている洗剤に蛍光増白剤が入っているか、確かめてみましょう。

洗剤のラベルに表示されている、成分の項目を見るとわかりますよ。

★成分表示欄に「蛍光増白剤」と書かれている → 蛍光増白剤入り

★パッケージに「無蛍光」「無けい光」と書かれている。また、成分表示欄に「蛍光増白剤」と書かれていない → 蛍光増白剤が入っていない

蛍光増白剤が入っていない代表的な洗濯洗剤

市販されている代表的な洗濯用洗剤のうち、蛍光増白剤が入っていないものは以下です。

2大ブランドの花王とライオンの製品を紹介しますね。

花王

アタックZERO(ゼロ)
ウルトラアタックNeo(ネオ)
アタック Neo(ネオ)抗菌EX Wパワー
フレグランスニュービーズジェル
フレグランスニュービーズ(粉末)
ニュービーズ(粉末)
エマール

ライオン

消臭ブルーダイヤ(粉末)
トップスーパーNANOX
トップHYGIA
トップハレタ
トップクリアリキッド抗菌
トップクリアリキッド抗菌
香りつづくトップ
アクロン

私は黒い服だけでなく、色物のシャツやTシャツが白っぽくなるのも嫌なので、いつも蛍光増白剤が入っていない洗剤を選ぶようにしています。

よく買っているのは、「花王フレグランスニュービーズジェル」「ライオン香りつづくトップ」です。

両方とも柔軟剤入りでやわらかく仕上がるのと、さわやかな香りも気に入っています。

黒い服が色落ちしたときの復活方法は?

こうした努力をしていても、長い時間が経てば、どうしても白っぽくなってしまいますね。

お気に入りだから、なんとかこれを着続けたい!

そんな時は思い切って、染料で染め直してみませんか?

ホームセンターやネットでは、家庭で繊維を染められる繊維染料が売られています。

スプレータイプと、お湯に染料を溶かして漬け込むタイプがあります。

▼スプレータイプ

▼漬け込むタイプ

スプレータイプは、手軽に染められます。

ですが、色がムラになりやすいので、2~3回重ね塗りをする必要があります。

染料に漬け込むタイプは、塩や色止め剤などが必要です。

説明の手順通りに染めるのは、少々手間がかかります。

でも、全体をきれいに染めるには、漬け込むタイプの方がいいと思います。

繊維の種類によっては、染まりにくいものもあるので、染めたいものの素材と染料との相性を確かめましょう。

染めた後しばらくは色落ちがあるので、他のものとは分けて洗います。

新しくよみがえった服を、また楽しんでください!

まとめ

黒い服が洗濯で白っぽくなるのは、

  • 細かい繊維の毛羽立ち
  • 一緒に洗った白い服の繊維
  • 水道水の塩素
  • 紫外線による色あせ
  • 洗剤に含まれる蛍光増白剤

などが原因です。

どんなに対策をしても、黒い服はやがては白っぽくなってしまいます。

それでも捨てずに着続けたいなら、自分で染めてみるのも一つの方法です。

新しく復活した服を楽しんでくださいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告