link_bingo1




シーツについた血が取れない!簡単に取れる洗濯方法は?

bingo1

スポンサードリンク
 





生理の多い日はナーバスになりますよね。

夜、ちゃんと装備して寝ても、

シーツを汚してしまうことがあるから。

3日前も小さい血のシミを見つけてすぐに洗ったけれど

薄く跡が残ってしまった・・・。

この前は、シミに気付かずに数日放置してしまった様子。

これも洗いきれずにシミになったまま。

このままだと家に真っ白なシーツがなくなってしまう(泣)

どうしたらいいの?

どうしてシミが残るの?

洗いきれない血のシミ、実は洗い方に問題がありました。

そこで今回は、

シーツに血のシミができてしまった時の洗濯方法をご紹介します。

シーツについた血を落とす洗濯方法は?ついたらすぐにやることは?

スポンサードリンク

ガンコな汚れがついてしまった時、

よく落ちる方法としてお湯に浸けたり、

洗った後、ドライヤーや乾燥機を使うことがありますよね?

しかし

実はこの方法、油分のシミには効果的なのですが、

血液のシミには悪影響なのです!

血液はタンパク質

高い温度には凝固する性質があります。

ですから、温水に浸けおきしたり、

温風をかけると固まってしまい

シーツの繊維に絡まって二度と落ちなくなります。

シーツに血のシミを見つけたら、

まずそのシミの部分と周辺をに浸けましょう。

水に浸しながら揉み洗いをすると

小さいシミならそれで落ちてしまいます。

範囲が大きければ、水に浸してから

シミの部分に液体洗剤を少量垂らして

揉み込みます。

色が薄く散って来たら洗濯機に入れ、

普通コースで洗いましょう。

シミを叩いて落とす時も、

温水は使わず水を使います。

スポンサードリンク

タオルなどをシーツの下に敷いて

シミの外から内側に向かうように叩きます。

シミの中央から叩くと

輪のような洗い残りが出来る原因になるので

外から内に叩いてくださいね!

放置してしまったシーツの血をすっきり洗濯する方法は?

1番簡潔な洗い方は、漂白剤をシミ部分につけて

部分洗いの要領で冷水で洗います

漂白剤が使えない色物や柄物のシーツの場合は、

重曹を使いましょう。

重曹に水を入れて練った「重曹ペースト」を作ります。

そのペーストを塗るようにシミを包みます。

その後天日干しをします。

しばらくするとペーストが乾くので、

払い落として水洗いをします。

同じ要領で、塩と液体洗剤を混ぜてシミに塗り、

30分後洗う方法もあります。

まとめ

血のついたシーツの洗い方について

お話ししました。

いかがでしたでしょうか?

落とせなかったシミは、温度によるものでした。

血液のシミについては、

市販の専用洗剤も販売しています。

しかし

よほど長時間放置をしなければ、

漂白剤や重曹で綺麗に落とせます。

きれいに洗ったシーツは気持ちいいもの。

うっかりついてしまった血のシミでも、

洗濯法はいたって簡単ですよね。

賢く洗ってストレスレスに過ごしましょう!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告