link_bingo1




柔軟剤の香りが気に入らない!何か使い道はある?どうやって捨てればいい?

bingo1

スポンサードリンク
 





ネットや雑誌で話題になっていた某海外メーカーの柔軟剤を買ったのですが、思いのほか香りがキツい!

しかも、人気があると聞いて、香りを確かめずに通販で買った柔軟剤の香り、あんまり好きじゃないかも・・・

捨てるのはもったいないけれど、嫌な香りを我慢して使い続けるのも厳しいです。

まだ大量に残っている柔軟剤は、どうやって捨てればいいのでしょうか?

何か他に使い道はあるんですかね!?

香りが気に入らなかった柔軟剤の洗濯以外の使い道と捨て方について、ご紹介します。

いらない柔軟剤の使い道はこんなにあるよ!捨てる前にチェック!

スポンサードリンク

人気があるからと、香りを確かめずにうかつに柔軟剤を買って、香りが気に入らなくてめっちゃ後悔。。

でも、まだたくさん残ってる柔軟剤を捨てるのは忍びない。

そんな時は、柔軟剤の効果を利用して「家事のお供」に使っちゃいましょう。

タオルや洋服などの洗濯物にバッチリ香りがついてしまうと、嫌な香りだと落ち着きませんが、多少の香りは我慢できるレベルであれば、使い道はありますよ!

柔軟剤を家電の掃除に使う

柔軟剤には静電気防止効果があるので、家電の汚れ落しにピッタリです。

香りが薄く残る程度に柔軟剤を水で薄めて、スプレー容器に入れ、乾いた布に吹き付けて拭き掃除に使います。

テレビやオーディオ機器、パソコン、家電の他にもホコリが溜まりやすい家具や照明器具などにも安心して使えます。

汚れもサーっととれて、ストレスゼロですよ。

大物のコートやセーターの臭い取りと静電気対策に

大物のコートやウールのセーターは、シーズン中に何回も洗濯できませんよね。

そこで、コートやセーターに染みついた汗やタバコの匂い移り対策に、柔軟剤が役に立ちます。

家電の掃除に使うときと同様、柔軟剤を水で薄めてスプレー容器に入れます。

帰宅後すぐにコートやセーターにスプレーを軽くひと吹きします。

風通しの良い場所に一晩かけておけば、コートやセータについた匂いも柔軟剤の香りも消えて、着脱時のパチパチする静電気も防げて一石二鳥ですよ。

アイロンに使う

アイロンスチームの水に柔軟剤を数滴垂らすだけで、ワイシャツの頑固なシワに効果を発揮します。

柔軟剤は数滴しか使わないので、香りはそれほど気になりません。

アイロンの滑りもよくなるので、面倒なアイロンがけも楽々です!

スポンサードリンク

使いかけの柔軟剤を人に譲る

水で薄めてもやはり香りが気になる場合は、その香りが好きな人に譲ってしまうという手もありますよ。

ただ、隣近所に譲ってしまうと、そのお宅が洗濯して柔軟剤を使うたびに嫌いな香りが漂ってくる可能性があります(苦笑)

風に乗って嫌いな柔軟剤の香りが漂ってくるのも、結構気になるんですよね、、

なので、譲る相手は、隣近所はやめたほうがいいです!

知り合いに譲り先がなければ、メルカリPayPayフリマヤフオク!などで販売するのもアリですよ。

メルカリをチェックしたら、使用した柔軟剤の出品もかなりありました。

私の苦手な柔軟剤も出品されていて、同じ思いの人がいてなんか嬉しい(笑)

試しに使ってみたい人は、使いかけのものでも買ってくれるので、捨てるぐらいなら数百円でも取り返してみては?

柔軟剤の捨て方はこれ!

使い道はあっても、やはり柔軟剤の香りが気になって気分が悪いし、ネットオークションに出すのも面倒というのであれば、やはり捨ててしまうしかありませんね・・・

柔軟剤の捨て方は、ゴミ袋に布や新聞紙を敷き、そこへ柔軟剤を染み込ませて燃えるゴミに出します。

トイレに流す方法もありますが、一度に流すと詰まってしまう場合があるので、数回にわけて少量ずつ水を流しながら捨てましょう。

また、柔軟剤が多く残っている場合は、お風呂の残り湯に注いだ後、栓を抜いて流します。

排水口に直接流すと、後になって詰まりの原因になる恐れがあるので、水と一緒に流し捨てるのがよいですよ。

まとめ

苦手な香りの柔軟剤の別の使い道アイデアと捨て方をご紹介しました。

柔軟剤には静電気防止効果があるので、水で薄めて、家電などホコリ取りの掃除に使ったり、コートやセーターに吹きかけるなどの使い道があります。

水で薄める時は柔軟剤はごく少量にして、香りがほのかに残る程度なら、ベタつかず十分効果を発揮します。

水で薄めても香りが気になったり、使い切れないときには、誰かに譲ったり、フリマやオークションに出してしまうのも良いアイデアです。

私ならメルカリに出します(笑)

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告