link_bingo1




ネクタイがカビ臭い!自分で洗濯できる?クリ-ニングじゃないとダメ?

bingo1

スポンサードリンク
 





久しぶりに出したネクタイがカビ臭い

クリーニングはお金がかかるから、なんとか自分で洗いたい?

そう思うかもしれませんが、ネクタイはクリーニングに出してください!

家で洗える素材だと思い込んでいたものが、実は洗えない絹100%のネクタイだった…なんてこともあるんですよ。

ネクタイがカビ臭いときの応急処置と自分で洗濯ができるか、ご紹介します。

ネクタイのカビの取り方・・・自分で洗濯できる?

スポンサードリンク

今日はこのネクタイにしよう!

そう思って取り出したネクタイに、カビが生えていたらショックですよね。

どうしても今日そのネクタイをつけていきたいですか?

それなら、まずは乾いた布などでカビを叩き落としてみましょう

できれば屋外で、それが無理なら十分に換気してください。

この取り方で落ちなければ、今日は他のネクタイにしましょう。

今日つけていくのはあきらめるから、自分で洗濯できないかって?

いつもテキトーでなんでも「洗濯機で洗濯すればいいじゃん」と思っている私ですが、ネクタイだけはクリーニングに出すことをおすすめします。

どうしてか?

それは、ネクタイの素材には絹100%が多いからです。

絹は、自宅で洗うことはできません。

エタノールで拭くのもNGですし、しめった布で拭いたら、ますますカビを増殖させることになります。

うちのネクタイは、絹100%なんて高級品じゃないから大丈夫!?

では、素材の表示をよく見てください。

手ごろな値段で買ったネクタイも、絹100%と表示されていませんか?

ネクタイの場合は、使っている布の大きさが小さいので、お手ごろネクタイでも、絹100%は結構あるんですよ。

もちろん、ネクタイは他にも様々な素材があります。

ウール、麻、綿、ポリエステル、アセテート…最近は、和紙や木でできたネクタイもありますよ!

綿やポリエステルなら、家で洗ってもいいのでは?

そう思うかもしれません。

それでもあえて、私はクリ-ニングに出すことをおすすめします。

なぜなら、ネクタイは一番目立つ場所にあって、一番視線を集めるものだからです。

それが少しでもヨレていたり、シワが付いていたりしたら…

あなた自身の印象が、ヨレヨレでくたびれたものになってしまいます。

人は、ネクタイを見ていろいろな事を判断します

スポンサードリンク

おしゃれのセンスだけではありません。

仕事に対する意気込みや、自己主張の強さ、どんな気持ちでここへ来たのか…。

一番見られる存在だから、ネクタイはクリーニングに出した方がよいと思うのです。

ネクタイのカビはクリーニングで落ちる?料金はどれくらいかかる?

では、ネクタイをクリーニングに出すといくらかかるのでしょうか?

ネクタイのクリーニング代は、1本で大体500円前後のところが多いです。

でも、黒いカビの菌糸が繊維に入り込んでしまった場合、クリーニングに出しても落ちないことがあります。

特別料金を払うとなると、もう新しいネクタイを買った方がいいかもしれません。

ところで、ネクタイって何本くらい持っていますか?

20本?30本?…おしゃれな人なら100本以上持っていたりするんでしょうね。

ちなみに、私の夫は10本くらいでした…(笑)

カビを防ぐためには、見た目はきれいでも、定期的にクリーニングに出すことをおすすめします。

気付かないうちに、汗や皮脂は染みこんでいます。

食べ物の汁なども飛んでいます。

スーツをクリーニングに出す時に、そのスーツに合わせていたネクタイも、一緒にクリーニングに出すといいですよ。

毎日のように変えているので、そんなにたくさん出せない?

それならば、せめて一番ヘビロテだった2~3本だけでも。

お気に入りのネクタイが、長く使えるようにリフレッシュしてあげてください。

次に出すときには、また別のネクタイを2~3本。

そうしてローテーションすれば、ネクタイのカビを防ぐことができます。

出番のないネクタイを整理して、収納場所の風通しを良くするのも一つの方法ですよ。

まとめ

カビ臭かったり、すでにカビが生えてしまったネクタイは、クリーニングがおすすめです。

なぜなら、ネクタイは絹100%が多く、家では洗えないからです。

綿やポリエステル素材のものもありますが、シワやヨレができてしまうと、つけた時の印象が台無しになってしまいます!

定期的にクリーニングをして、カビの発生を防ぎましょう。

お気に入りのネクタイ、長持ちさせてくださいね。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告