link_bingo1




ティラミスのスポンジの代用で使えるものは?カステラ?ビスケット?

bingo1

スポンサードリンク
 





ティラミスを作りたいけど、中に入れるスポンジを焼くのが面倒くさい!という、面倒くさがり屋の私・・・

何かで代用したいけど、何を使うのがいいでしょう。

カステラ?ビスケット?

本場では何を使っているのでしょうか?

ティラミスのスポンジの代用品は何がいいのか早速ご紹介します!

ティラミスのスポンジの代わりならどれがおすすめ?

スポンサードリンク

ティラミスを作るために、スポンジケーキを焼くところから始めるのは、とてもハードルが高いですよね。

スポンジケーキを焼かなくて良ければ、「他のスイーツよりも意外と簡単に作れる」というイメージがありませんか?

混ぜて重ねて冷やすだけ…みたいな(笑)

私にとっては、スポンジケーキを焼いて作る手間のかかるデザートという印象はないんです。

何故なんでしょう?

ティラミスのレシピには、どれが王道なのかわからないほどいろいろな作り方があります。

そのうちスポンジケーキを使ったレシピでは、市販のスポンジケーキを利用していました。

スポンジケーキ以外のものを代わりに使ったレシピには、ビスケットを砕いたり、砕かずにそのまま敷き詰めたりしたもの。

カステラを代用したレシピもあります。

中でも、本場の作り方だと思われるのが、こちらのレシピです。

イタリア人のおばあさま直伝のレシピで、サヴォイアルディというフィンガービスケット

使われています。

卵白を泡立てたりはしますが、スポンジケーキを焼く工程はありません

混ぜて重ねて冷やすだけ!です。

日本でティラミスがブームになったときは、このサヴォイアルディを手に入れるのが難しかったので、スポンジやカステラを代用して作っていました。

だから、さまざまな代用品レシピがあるんですね!

サヴォイアルディは、今はネットで簡単に入手することができます。

サヴォイアルディを使えば、本場の味に近いものができますね!

もしカステラかビスケットで代用するなら、私個人は、ビスケットを使いたいですね。

カステラはそのまま食べたいですし(笑)ビスケットは手に入りやすいですから。

ティラミスはスポンジなしでもおいしくできるの?

ティラミスにはいろいろな作り方があります。

クリームチーズを使ったもの、生クリームを入れないもの、卵を使わないもの、インスタントコーヒーを使うもの…

ティラミスのレシピが面白いと思うのは、こんなにいろいろな作り方があるのに、どれもおいしいということです(笑)

スポンジケーキ無しで作ったとしても、それはそれでおいしいものができますよ。

スポンジケーキは、エスプレッソを浸みこませて苦味のアクセントになります。

そのスポンジケーキを使わない代わりに、そのまま食べられるタイプのコーヒーパウダーをふりかけて、クリームを重ねます。

こうすると、スポンジなしでもコーヒーの苦味がプラスされ、おいしいティラミスになります。

ティラミスは加熱しないので、できる限りその日のうちに食べたほうがいいです。

もし手作りティラミスをしばらく保存したい場合は、手作りティラミスは冷凍できる?消費期限や美味しい保存方法は?で、保存方法を紹介していますので参考になさってくださいね。

まとめ

ティラミスのスポンジの代用として、ビスケットやカステラが使えるのかをご紹介しました。

ティラミスは、スポンジ以外にビスケットやカステラを使ってもおいしく作れるんですね。

ただ、カステラだとカステラ自体が甘いので、ちょっと甘みが強くなるかもしれませんね。

どんなふうに作ってもおいしくなるのが、ティラミスの魅力です。

ぜひお気に入りのレシピを見つけて、作ってみてくださいね!

ティラミスを手作りする場合は、こちらの記事も参考にどうぞ!

ママ友さん宅のホームパーティーにお呼ばれしました。 持ち寄りランチ形式でテーマがイタリアンということで、ティラミスを作ることにしました...
bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告