link_bingo1




手作りプリン冷やす時間はどれぐらい?早く冷やすにはどうする!?

bingo1

スポンサードリンク
 





甘いものが食べたくてプリンを手作りしました。

オーブンから取り出した後、「粗熱を取って冷蔵庫で冷やす」とレシピには書いてあります。

粗熱」って何でしょう?

いきなり冷蔵庫に入れてはいけないのでしょうか?

早く食べたいから、早く冷やしたい!

そんなあなたに、手作りプリンを冷やす時間と上手な冷やし方をお教えします。

粗熱の取り方 プリンの場合は?

スポンサードリンク

手作りのプリン、美味しいですよね。

食べたいなぁ~と思って作ったことありますよ。

食べたいと思ったんだから、できれば一刻も早く食べたいですよね。

でもオーブンから取り出したプリンは、まだ熱々。

何とか早く冷やせないでしょうか。

プリンのレシピには、「粗熱を取ってから冷蔵庫に入れて冷やす。」とあります。

そんなまどろっこしいことをせずに、いきなり冷蔵庫に入れたらいけないのでしょうか?

その方が早く冷えるのでは?

粗熱を取らずにプリンを冷蔵庫に入れると、どうなるのでしょう?

まず、冷蔵庫の中に熱いプリンを入れると、プリンが冷えるどころか、中に暖かい空気がこもってしまいます。

一旦暖まってしまった空気が元のように冷たくなるのには、とても時間がかかります。

その結果、プリンが冷えるのにも時間がかかってしまいます。

それだけではありません。

冷蔵庫に熱がこもれば、他の食品にも熱が伝わって傷んでしまうかもしれないのです。

そうならないためには、粗熱を取ってから冷蔵庫に入れることが、とても大切です。

…でも、そもそも「粗熱」っていうのが何なのか、よくわからない?

粗熱は、食べものなどを加熱した直後の、「手で触れないほどの熱さ」のことです。

そのまま次の調理に進むと、熱すぎて味が落ちたり、質が変わってしまったりといった、不都合なことが起きる場合に使う言葉です。

そのために、次の調理が上手くいくように温度を下げることを、「粗熱を取る」といいます。

プリンの場合、次の調理過程は「冷蔵庫で冷やす。」です。

だから、冷蔵庫に入れてもいいくらいに冷ましたいわけです。

プリンの粗熱の取り方は、浅く水を張ったバットに、プリンを器ごと入れます

水が温まるたびに2~3回交換すれば、早く冷ますことができます。

スポンサードリンク

冷めたら冷蔵庫で冷やしましょう!

だいたい1時間くらいで食べごろになりますよ。

プリンをすぐに冷やしたい!そんな時どうする?

冷蔵庫に入れて、冷たくなるまで待つなんてじれったい!?

それなら、粗熱を取るのに使ったバットに、氷と水を入れてプリンを冷やしましょう。

氷の冷たさが直接伝わって、より早く温度が下がります。

それでも中心までしっかり冷やすには、やはり冷蔵庫に入れるのが一番です。

なんだ、やっぱり冷蔵庫しかないのか。

すぐ冷やしたいのに!

なんとかならないの?

…どうしても冷蔵庫より早く冷やしたいですか?

でもこれは、あまりお勧めの方法ではありません。

だって失敗したら、せっかく作ったプリンが台無しになるからです。

それは、冷凍庫に入れて冷やす方法です。

でも決して凍らせてはいけません!

もし凍らせてしまったら、水分が分離して、プリンとは呼べない代物になってしまいます。

だから凍ってしまわないように、注意深くこまめに様子を見ながら…凍り始める前に取り出しましょう。

難しい温度管理に自信のある方は、おためしください。

おすすめしませんよ!(笑)

手作りプリンを冷やす時間 まとめ

熱々のプリンを冷やすには、粗熱を取ってから冷蔵庫に入れるのが一番です。

どうしても早く冷やしたいなら、粗熱を取ったあと冷凍庫に入れるという方法があります。

でも、こまめな温度管理が必要なので、お勧めはしません。

なめらかさを保つには、やはり冷蔵庫がおススメですよ!

おいしい手作りプリンになりますように!

手作りプリンをたくさん作って、当日中に食べ切れそうもない。
上手にできたからお裾分けしたいんだけど、どれくらい日持ちするか?

気になったら、手作りプリンはどれくらい日持ちする?持ち運びするときの注意点は?をご覧ください。

手作りプリンの賞味期限と、持ち運ぶ際に冷たさをキープする方法を紹介しています。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告