link_bingo1




助けて!手作りマドレーヌが失敗して生焼けに… 原因は?対処法は?

bingo1

スポンサードリンク
 





今日は、お友達のお宅にお呼ばれ。

手土産に彼女の好きなマドレーヌを焼こうと思いました。

が、まさかの生焼け

何が悪かったの?材料の配合?温度調節

どれもいつもと同じのつもりだったのに。

マドレーヌの生焼けって、どうしてできるの?

もう時間がないのですけれど、復活は無理?

慌てないでーー!

復活の方法はありますよ。

手作りマドレーヌの生焼け失敗の原因と生焼け状態の対処法をご紹介します。

マドレーヌの失敗の原因で考えられることは?

スポンサードリンク

簡単だと思っていた手作りマドレーヌがまさかの失敗だなんて、ショックですよね。

ヨーロッパでマドレーヌは、女の子が最初に作るお菓子として親しまれています。

「マドレーヌは比較的焼き菓子の中でも作るのが簡単」と言われていますが、美味しく作るにはやはりコツがいります。

まず意外と見落としがちなのは、材料を混ぜた生地を寝かすこと

パウンドケーキは、生地を作るとすぐに型に入れて焼きますよね。

マドレーヌの場合は、グルテンや砂糖を馴染ませることでキメの細かいマドレーヌに仕上がります。

1時間ほど置くだけでもその出来は歴然と変わってきますよ。

また、生地を混ぜすぎないことや粉へ卵、バターを混ぜる時に一度に入れずに徐々に混ぜ込むこと。

これらの一手間が美味しさに関わってきます。

そして、生焼けの大きな原因は、オーブンの温度と焼き時間です。

マドレーヌは小さい焼き菓子ですが、比較的高い温度で短時間で焼き上げます。

それは、外を焼いてパリッとさせ、さらに中のバターの風味を閉じ込めることが

できるからです。

そのために余熱をしっかりと設定し、オーブン内の温度が冷めないようにします。

オーブン内の温度が下がると中までしっかり火が通らなくなり、時間が来ても水っぽい生地が残ります

スポンサードリンク

マドレーヌは比較的水分が多く緩い生地なので、表面が焼けてきたからと慌てて取り出した結果「生焼け」ということが起きやすいのです。

焼いている途中は何かと心配になりますが、マドレーヌは適温で時間まで「焼きっぱなし」が意外と功を奏しますよ。

マドレーヌが生焼けだったらこうやって対処して!

まず、焼いたマドレーヌに楊枝などを指して液状の生地が付いてきたら、生焼けの合図です。

その際は、余熱で中まで火を通すようにしましょう。

オーブンの中にしばらく置いておくのです。

焼きたてはオーブン内もマドレーヌ自体もまだ熱を帯びているので、余熱を使って少しづつ温めていきます。

オーブンを設定し直して焼き直す方法もありますが、加減を見誤って生地が焦げることが多く、かえって失敗度が高いです。

オーブンの余熱で生焼けが解消できない時は、電子レンジに移して30秒ほど温めてみてください。

レンジは、構造上、中に熱が入り食材を温めます。

様子を見ながら温めれば、大抵の生焼けは解消できますよ。

まとめ

手作りマドレーヌ失敗原因対処法についてご紹介しました。

レンジでの応急処置も、様子を見ながら利用すれば効果的に仕上がります。

しかし、まずはオーブンでしっかり焼き上げることが大事ですね!

バター香るマドレーヌ、是非チャレンジしてみてくださいね!

手作りのマドレーヌが余ったときは、マドレーヌは冷凍できる?どのくらい日持ちする?美味しい解凍方法は?で上手に保存してくださいね!
bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告