link_bingo1




サーターアンダギーとドーナツの違いって何ですか?カロリーや糖質は違う?

bingo1

スポンサードリンク
 





職場の同僚が沖縄旅行のお土産に

サーターアンダギーをくれました。

初めて食べましたが、

サクッとしてて美味しい!

でも、なんでこれが

沖縄土産で人気なんだろう、

とも感じました。

普通の穴の空いてない

揚げドーナツと同じなのに。

サーターアンダギーと

ドーナツって何が違うんでしょうかね?

成分とかカロリーも大幅に違うんですか?

お土産って、時々

「〇〇と似てる」って

感じるものが多いですよね。

沖縄名物サーターアンダギーと

揚げドーナツの違いについて

ご紹介します!

サーターアンダギーとドーナツの違いとは?

スポンサードリンク

沖縄は風土や食べ物などどれも魅力的で、

病みつきになって何度も訪れたいと

感じる名所ですよね!

海ぶどうやちんすこう、泡盛など

お土産も豊富ですね。

特にサーターアンダギーは親しみやすく

ご家庭や職場のお土産にはぴったりです。

この「親しみやすさ」はおそらく

普段食べている揚げたドーナツ

食感や味が似ているからかもしれません。

サーターアンダギーとドーナツ、

実は微妙に似てるし違いもあるんです。

小麦粉、卵、砂糖、

揚げ菓子の共通材料は一緒です。

でも、ベーキングパウダーや蜂蜜、

バニラエッセンスが入るのがドーナツ。

かたや

サーターアンダギーには

沖縄で使われる黒糖やラードが含まれています。

そして、断然の違いは、

生地の水分量です。

ドーナツには柔らかく膨らませるために

少量の牛乳を入れることがあります。

サーターアンダギーの水分は卵のみ。

極力水分を減らして重量を出し

油でじっくり揚げて

表面が割れるように作ります。

風味よく作るためにも

スポンサードリンク

卵や黒糖をふんだんに使うのが特徴です。

サーターアンダギーとドーナツのカロリーや糖質を比較してみたら?

材料配分が微妙に異なる

サーターアンダギーとドーナツ。

ではカロリー糖質

どのくらいの違いがあるのでしょうか。

まず、カロリー

とあるレシピから目安換算すると

サーターアンダギー1個あたりは

大体40g前後で180kcalほどです。

例えばサーターアンダギーに似ている

オールドファッション

60gぐらいで300kcal ほど。

単純計算で100gあたりで比較すると

サーターアンダギーが450kcal、

オールドファッションが500kcalで、

ドーナツの方がやや高いです。

糖質はどうでしょうか。

同じく目安換算すると100gあたり

サーターアンダギーは60g前後、

ドーナツは45gぐらい。

黒糖を使うサーターアンダギーの方が

甘いようです。

カロリーはドーナツより低めでも

糖質が高いサーターアンダギー。

さらにラードで長時間じっくり揚げているため

脂質も割に高いと想像できます。

まとめ

サーターアンダギーとドーナツの

違いについてご紹介しました。

ドーナツより糖質が高いサーターアンダギー。

つまり、

あんな小さなサーターアンダギー1個でも

満足感が高いというわけですね。

じっくりラードで揚げたサーターアンダギーは

日持ちもし、割れた形が花のようにも見られ

お祝いの席にも出されるお菓子です。

是非美味しく召し上がって下さいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告