link_bingo1




冷凍エビの解凍後の消費期限はどれくらい?再冷凍できる?

bingo1

スポンサードリンク
 





大きな氷の塊にびっしり入った冷凍エビ。

解凍したけど量が多い!

解凍した後のエビの消費期限って、

どれくらいなのでしょうか?

とても食べきれそうにないから、

できれば再冷凍したいですね。

そこで、冷凍エビの解凍後の消費期限や

再解凍についてご紹介します

冷凍エビ解凍後の消費期限は?冷蔵庫でどれくらい持つ?

スポンサードリンク

ブロック状の氷の中に、びっしり冷凍された業務用のエビ。

ネットで注文すれば、一般家庭でも買うことができます。

業務用の冷凍エビを解凍する時は、

チョロチョロと水を流しながら溶かす

流水解凍」がおすすめです。

常温にそのまま置いて溶かす自然解凍は、

鮮度や旨味を損なう可能性があるので、

あまりお勧めできません。

エビの旨味成分水溶性なので、

自然解凍すると、

旨味成分が身の外へ流れ出してしまいます。

業務用の冷凍エビが、氷で固められているのは、

エビの旨味を逃がさないためです。

市販の小袋で売られている冷凍むきエビも、

氷でコーティングされていることに

お気づきですか?

解凍すると水がたくさん出て、

エビが小さく縮んでしまったと感じるかもしれません。

ですがそれは、表面を覆っている氷が解けたためです。

決して量増ししているわけではありません!

急いで解凍したいとき、

いきなり熱いお湯に入れてしまうと、

タンパク質がギュッと縮んで

旨味が外へ逃げてしまいます。

鍋で溶かす場合でも、

最初は「」から加熱しましょう。

流水で解凍した業務用のエビは、

生のエビと同じです。

スポンサードリンク

冷蔵庫で保存した場合の消費期限は、

1日か2日だと思ってください。

冷凍エビは解凍後に再冷凍できる?

小袋の冷凍むきエビは食べる分だけ解凍できますし、

すぐに食べきれるでしょう。

でも、業務用の冷凍エビを1日2日で食べきるのは無理!?

だけど大丈夫。

業務用の冷凍エビは、再冷凍できます。

大きな氷のブロックを流水で解凍し、

周りの氷が解けてバラバラになったら、

一回で食べる分量に、エビを小分けにします。

小分けにしたエビは、

冷凍保存用の容器や保存袋に入れて再冷凍できます。

この時、やらなければいけないことがあります。

それは、容器の中に水を入れること。

水を一緒に入れて、エビを凍らせます。

業務用の氷ブロックを、再現するのです。

この方法で冷凍すれば、冷凍焼けを防ぎ旨味を逃がさず、

家庭の冷凍庫なら約1か月保存することができます。

でも、再冷凍をするのは一回限りにしてくださいね。

まとめ

冷凍エビの解凍後の消費期限や

再解凍についてご紹介しました。

ブロック状に凍らせた業務用冷凍エビは、

流水解凍すると、旨味を損なわずに解凍できるんですね。

細くチョロチョロと水を流すのがコツです。

エビの入ったお料理って、なんだか高級感を感じますよね。

上手に活用して、美味しいエビ料理を作ってください!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告