link_bingo1




ガトーショコラは冷蔵庫で冷やすのが正解!正しい保存方法はコレ

bingo1

スポンサードリンク
 





ガトーショコラを手作りしたとき、すぐに食べるわけではない場合、どうやって保存すればいいのか迷いますよね。

作った後は冷蔵庫に保存したほうがいいのでしょうか?

それとも、中のチョコレートが固まらず、表面をパサパサにしないためには常温保存がいいのでしょうか?

手作りガトーショコラは、常温で完全に冷ました後、冷蔵庫に入れて保存するのが正解です。

なぜガトーショコラは冷蔵庫に入れたほうがいいのか、冷蔵庫に入れるタイミングや手作りガトーショコラの正しい保存方法についてご紹介します。

ガトーショコラを冷蔵庫に入れるタイミングは?ラップはするの?

スポンサードリンク

焼き立てのガトーショコラは、あま~いチョコレートの香りがたまりませんよね~

香りにつられてつい焼き立てのガトーショコラを食べたくなりますが、ちょっと待って!

実はガトーショコラはゆっくり冷ましてから食べたほうが、ますます風味が凝縮されて美味しくなるんですよ!

ガトーショコラは、メレンゲを泡だてて少量の粉で作るため、仕上がりは意外と軽いですよね。

そのため、主役のチョコレートの風味を全面に引き出すのがおいしさのポイントになります。

さて、ガトーショコラが焼き上がったらどうやって冷ますかですが、ガトーショコラが完全に冷めるまで型にはめたまま常温で置きます。

こうすることで型から外しやすくなり、型に敷いたクッキングシートも剥がれやすくなります。

でも、焼き立ての熱い型をはめたままでは、ガトーショコラが冷めるまでには、それなりに長い時間がかかりますよね。

そこで、早く粗熱を取りたい場合は、型から慎重に取り出して網などに置いておきます。

それでも、粗熱を取るだけで数時間はかかるんですけどね。。

でも、こうやって焼き立てのガトーショコラは常温で半日ほど置いておく方が、チョコレートの風味をキープするのに適しています。

例えば、夜に焼き上げたガトーショコラを常温で置いておけば、次の日にはしっとり美味しく仕上がっています。

スポンサードリンク

冷ましている間に乾燥が気になる場合は、フワッとラップをかけておくとよいです。

そして、完全に冷めた後、ガトーショコラ全体にラップをして冷蔵庫で保存します。

ガトーショコラの保存方法 これでバッチリ!

ガトーショコラの風味を引き出すためには、焼き立てをゆっくり冷ました方が良いと先ほどお伝えしました。

これはつまり、焼き立ての1日目よりも2日目の方が美味しいということです。

なんとなく意外な気がしますよね!

じゃぁ、2日目よりも3日目?寝かせたらもっとおいしくなるの!?

なんて安易に考えてしまいますが、手作りのガトーショコラはその後はあまり日持ちしません。

なぜなら、ガトーショコラの材料には生クリームや卵を使っていますよね。

そのため、冷蔵保存でもガトーショコラの賞味期限は3〜4日なのです。

日を追うごとに乾燥も進み、味もどんどん落ちていくので、2日目以降は早めに食べ切りましょう。

もし、残ってしまった場合は、ガトーショコラを切り分けて一切れずつラップで包み、冷凍保存すれば10日ほどは保存できます。

冷凍したガトーショコラを食べる時は、自然解凍していただきましょう。

ちなみに半解凍でも、ちょっと変わった食感でおいしいですよ。

まとめ

焼きたてのガトーショコラは、すぐに食べるのではなく、常温で冷ましてから冷蔵庫で寝かせると、さらにおいしくなります。

3~4日程度であれば冷蔵庫で保存できます。

食べる時は、冷蔵庫から出して常温に戻してからのほうがおいしいですよ。

3~4日間で食べきれない場合は、冷凍保存もできます。

プレゼントにもぴったりな濃厚ガトーショコラ、保存方法もぜひ参考にしてみてくださいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告