link_bingo1




コーンスターチがなくても代用品でおいしいカスタードクリーム作り♪

bingo1

スポンサードリンク
 





シュークリームを手作りしようと思います。

でも、あいにく我が家にはコーンスターチがありません!

このためだけにわざわざ買うのは、もったいない!

なんとか家にある材料で代用できないでしょうか?

…大丈夫です。

家にある材料で、プロと同じものが作れます。

さあ、コーンスターチの代用品を使って

おいしいカスタードクリームを作りましょう!

コーンスターチの代用は片栗粉でできる?

スポンサードリンク

コーンスターチがない時の代用品として、

真っ先に思い浮かぶのは片栗粉ですね。

コーンスターチは、トウモロコシのでんぷんです。

そして片栗粉は、じゃがいものでんぷんです。

同じでんぷんですから、

コーンスターチの代用品には

片栗粉が一番適しているように感じます。

でも、カスタードクリームを作るには、

ちょっと問題が…。

でんぷんには様々な種類があって、

それぞれに違った特徴があります。

片栗粉はあたたかい料理に使うと、

強い粘りで料理の旨味を包み、色は透明になります。

中華料理の仕上げに加えるのに最適です。

透明なので、見た目もきれいに仕上がります。

でも、冷やすと粘りが落ちて水っぽくなるのです。

カスタードクリームなどの冷やして食べる洋菓子に、

片栗粉は適していません。

それに比べてコーンスターチは、

片栗粉に比べて粘度が低く、

色が白く濁るという特徴があります。

中華料理のあんかけに使うと、

とろみがつきにくい上に白く濁ってしまい、

見た目も悪くなるので向いていません。

ですが、コーンスターチは粒子の大きさが揃っていて、

低温でも安定して粘り気を保つ、という特徴があります。

そのため、冷やして食べるデザートの材料には最適です。

コーンスターチの代用は小麦粉がベスト!?

片栗粉が適さないとなると、

カスタードクリームには、

何を代用するのが良いのでしょうか?

カスタードクリームを作るのに

最も適した代用品は、小麦粉です。

…というかカスタードクリームは、

本来小麦粉で作るものなのです。

プロのパティシエは、コーンスターチを使いません。

牛乳、砂糖、卵黄、そして小麦粉で作ります。

小麦粉を使ったカスタードクリームの作り方は、

こちらをご覧ください。↓↓

http://www.cakepia.info/recipe/detail.html?ID=116

小麦粉を使ったカスタードクリームの特徴は、

ずっしり濃厚な味わいになること。

なめらかにおいしく仕上げるためには、

しっかりと強く混ぜ続ける必要があります。

焦がさないようにしなければならないのと同時に、

しっかり火を通さないと

粉っぽくなってしまうという難しさから、

失敗の少ないコーンスターチを代用するようになったのです。

私が学生の頃、調理実習でシュークリームを作ったとき、

カスタードクリームは小麦粉を使って作りました。

シュー皮は、膨らまず大失敗でしたが(笑)

膨らまなかった皮にカスタードクリームをつけて食べたら、

とてもおいしかったですよ!

小麦粉で作るプロのカスタードクリームに、

ぜひチャレンジしてください。

まとめ

カスタードクリームを作るときに、コーンスターチの代わりに

片栗粉を使うのは不向きです。

カスタードクリームには、小麦粉を使いましょう。

本来、カスタードクリームは小麦粉で作るものです。

濃厚なプロの味を、お家で作ってみてください。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告