link_bingo1




わらびの苦みはもしかして毒?苦い原因と対処法も知っておこう!

bingo1

スポンサードリンク
 





お隣さんから

あく抜きしたわらびをいただきました。

試しにちょっと食べてみたら…苦い!

わらびの苦味は毒なのでしょうか?

苦味が残ったわらびを、

食べられるようにするには?

その対処法をご紹介します。

わらびが苦いのはなぜ?毒性はあるの?

スポンサードリンク

春は様々な山菜が芽吹く季節ですね。

夫の実家周辺には、わらびが生えてきます。

正直言って、わらびは

「食べたい!」

と思うほどではありません。

いただいたりすれば食べる、という感じです。

わらびは、生のままだととても強い苦みがあります。

それに、発がん性物質を含んでいます。

こんな危険な植物を食べるなんて、

信じられない!?

でも、里山に生えてくるわらびは、

見るからに柔らかくておいしそうなんですよ。

食べたいと思うのは当然!

一方、わらびの身になってみれば、

せっかく出てきた新芽を

食べられてしまうのは、たまりません。

わらびだって生きているんです。

何とか新芽を食べられないようにしたい!

そこで、苦味を強くし、

毒性を持ち、発がん性物質まで作って

新芽を守ろうとするのです。

健気ですよね。

こんなに頑張っているのに・・・

それでも、

人間の食べたい気持ちには勝てませんでした。

人間は、わらびを無毒化して、

美味しく食べる方法を見つけたのです。

わらびに木灰重曹をふりかけて、

熱湯を注ぎます。

これを一晩放置した後、

水洗いしてさらに3~4時間水にさらします。

そうすると、苦味が抜けて、

毒性もなくなり、発がん性も失われて、

スポンサードリンク

食べられるようになるのです。

先人の知恵って、本当にすごいですよね。

わらびが塩漬けなのに苦い!そんなときの対処法はこれ!

わらびのあくを抜く方法には、

塩漬けにするという方法もあります。

塩漬けにすることであくが抜けて、

発がん性物質が消えるのです。

そして、長期保存が可能になる

というメリットがあります。

塩漬けのわらびを、塩抜きして食べてみたら

苦かった?

それは、塩漬けしていた期間が短すぎて、

「あく」が十分に抜けていなかったからでしょうか。

それとも、戻した後に

水にさらす時間が短すぎたかもしれません。

そんな時は、

もう一度新しい水で3~4時間さらしておきましょう。

あくの抜け具合を確認するには、

少し端っこを切って味見をしてみてください。

いい感じに苦味が抜けたら、

めんつゆやしょうゆなどで味付けして、

お浸しにしたり、

山菜そばの具にしたりして食べます。

私は、お隣さんが天ぷらにして食べると聞いてから、

自分で調理する時はいつも天ぷらにします。

わらびがちょっと苦手でも、

美味しく食べることができますよ!

まとめ

わらびは、生のままだと毒なので、

しっかりあく抜きをして食べましょう。

あく抜きをすれば毒性は消えて、

苦味も抜けます。

私のおすすめは、天ぷらです。

どうぞ試してみてくださいね。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告