link_bingo1




生クリーム開封後固まりができてる!食べても大丈夫?戻すことはできるの?

bingo1

スポンサードリンク
 





スーパーで生クリームを見かけました。

その瞬間、手作りケーキやコーヒーに乗せる

ホイップクリームが頭に浮かび、

買ってみることにしました。

自転車に乗って帰宅。

袋から生クリームのパックを取り出し、

早速子供達のおやつに添えようと

開けてみたら、中に固まりがちらほら。

ええ?!どういうこと?

生クリームの液体の中にところどころ

粒のような固まりがあるのですが、

匂いも普通だし、不思議な限り・・・。

これってなんでしょうか?

少しの固まり、食べても平気?

元の生クリームに戻すことはできるの?

安心してください!

一度固まった生クリームも、

たった一手間で復活可能ですよ。

生クリームに固まりができる理由と

固まりができた生クリームの復活方法について

ご紹介します。

生クリームが開封後に固まりができたのはなぜ?食べられる?

スポンサードリンク

ケーキのデコレーションには

やはり生クリームですよね。

ふわふわにホイップしたクリームには、

なんとも言えない贅沢さを感じますよね。

しかし、いざ泡立てようと

生クリームのパックを開けたら、

中に固まりができていてボソボソに。

何が起きたかわからず、

ただ状態を見てショックを受けるばかり。

でもこれ、実は生クリームが

中でかくはんされて、脂肪分が固まったものです。

ですので、賞味期限を過ぎたものではない場合は、

そのまま使用して差し支えありません。

つまり、腐敗によって起きた現象でなく、

匂いや味をチェックして異常がなければ、

調理に使用しても体には影響はありません。

生クリームが固まったら戻すことはできる?

いくら安全だと言っても、

固まりがちらほら浮かぶ生クリームを

いざ使うとなると、戸惑いますよね。

泡立てようと思っても、

なんとなく固まりが邪魔をしてる感じですし。

スポンサードリンク

でもご安心ください!

ボソボソした生クリームは

すぐに復活できます!

そういう時は、冷水に浸しながら

少量の牛乳かヨーグルト

静かに混ぜて馴染ませると

脂肪分の固まりが消えて滑らかになります。

もちろん、

この方法で復活した生クリームを

泡立てることもできます

ただし、入れすぎると全体が緩くなるので、

牛乳やヨーグルトの量は大さじ1ほどの量を目安に、

状態をチェックしつつ泡立ててみてください。

他の利用法として、

あえてわざと分離をさせるようにかくはんし、

浮いてくる水分を絞り取っていくと、

脂肪分だけが残ってバターになります。

ただし、バターは正直とても時間のかかる作業なので、

やはり乳製品を混ぜる方法で復活させて、

料理に使う方が手早い方法ですね。

時間がない!牛乳がない!という場合は、

茶こしで固まりだけを取り除けば、

サラサラのクリームになります。

取り除いただけ脂肪分が少し減りますが、

コーヒーやシチューのアクセントとして

手軽に使えますよ。

まとめ

生クリームになぜ固まりができるかの理由と

復活方法をご紹介しました。

脂肪分の高い生クリームほど泡立ちやすい分、

持ち帰りの時に温まったり、

振動を加えると固まってしまうことがあります。

購入後はパックが揺れないように持ち帰って、

冷蔵庫に入れて保管しましょう。

開封後、固まりができていても慌てずに

今回ご紹介した復活方法、

ぜひ試してみてくださいね!

ケーキを手作りするときって、トラブルや失敗がつきものですよね。

そこで、ケーキをつくるときの困った!を解決する記事を一覧にまとめました。

デコレーションケーキを手作りするときに役立つ記事を集めました。 材料や調理道具を準備する段階から出来上がりまで、「この材料買い...

こちらの記事一覧もぜひチェックしてみてくださいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告