link_bingo1




きついニットを伸ばす方法は意外と簡単!諦める前に試して欲しいあれこれ

bingo1

スポンサードリンク
 





お気に入りのニット、

季節の変わり目に一度

洗濯をしようと思いました。

何度か着ているセーターなので

大丈夫だろう、と考えて

普通洗いモードで洗濯機オン。

その後普通に天日干しした結果、

見事に縮んでしまいました。

もうショックの極み!

一目惚れして買ったニット、

着られなくなったからと言って

簡単には捨てられない。

元のサイズに戻す方法はないかしら?

洗い直して伸ばす?

アイロン掛けたら伸びる?

クリーニングに出せば直してもらえる!?

縮んだニットを見ると本当にがっかりしますよね。

でも大丈夫、ちゃんと復活する方法がありますよ!

捨てるのはもったいない

きつくなってしまったお気に入りのニットを

伸ばす方法をご紹介します。

自分でニットを伸ばすならアイロン?!

スポンサードリンク

ニットは冬の必需品。

でも羊毛など自然繊維のニットの洗濯、

結構難しいですよね。

つい、水洗いなら普通洗いでも大丈夫、

と思いがちです。

しかし、ニットが縮むのは

洗濯機に回されて繊維が絡むから

が主な原因なんです。

さらに、普通洗い用の洗剤では、

ウール系はゴワゴワになってしまいます。

ちょうど、髪の毛をシャンプーで

ガシガシ洗った後のような感じ。

チリチリで絡み合った繊維が

団子状になっている状態

これが縮みの原因です。

ですから、絡んだ繊維を

解いてあげれば伸ばせる、

というわけです。

そこで活躍するのは

アイロンのスチームです!

アイロン台に縮んだニットを

丁寧に伸ばして置きます。

そこにアイロンを少し離した状態で

高温のスチームを当てていきます。

熱いのでやけどに注意しながら

スポンサードリンク

蒸気で温まり湿った状態のニットを

少しづつ伸ばしていきます。

蒸気と温度で繊維が柔らかくなり、

より伸びて整いやすくなるのです。

これを希望のサイズになるまで繰り返したら、

ハンガーに掛けて陰干し

時々手で伸ばしながら乾かします。

この時、絡んだ繊維をイメージしながら

丁寧に伸ばしていくのがポイントですよ。

ニットを伸ばすならクリーニングが安心?

縮んだニットのリカバリー法は、

洗い直してもう一度形を整える

というのもあります。

これは、手洗いをし柔軟剤を入れてすすぎ、

形を直しながら乾かします。

洗い終わったニットの形を整え、

サイズに沿って形どったダンボールなどに

はめて陰干し乾燥させます。

自宅でも可能な方法なのですが、

かなり根気が必要です。

そこで、クリーニング店に相談すると、

この工程を丁寧にこなしてくれます。

さらに、ニットに必要な柔軟剤や

静電気防止剤を施してくれますので

買った当時みたいに肌触り良く戻ってきますよ。

仕上がりを期待するなら

プロにお任せするのもいい方法ですね。

まとめ

洗ってきつくなってしまったニットを元に戻す方法を

ご紹介しました。

まずはニットが縮まないように

洗い方と洗剤の正しい選択が必要ですね。

デリケートなニットのお手入れは、

ヘアケアに置き換えてイメージすると

わかりやすいです。

お気に入りのニットは大切にケアして

長くお付き合いくださいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告