link_bingo1




3歳児が家の中でも夢中になれる遊びは?室内で遊ばせるアイデア5選

bingo1

スポンサードリンク
 





子供は外で遊ぶのが大好き!

何時間でも公園にいられます。

でも雨の日や寒い日、暑くて熱中症が心配な時は

家の中で遊ばせたいですよね。

3歳にもなると、結構いろいろな遊びができますよ!

今回は3歳児にぴったりの室内遊びをご紹介したいと思います。

3歳児は外遊びが好き!?特徴を知って室内で遊ばせよう!

スポンサードリンク

3歳にもなると、身長は100cmほどになり、

生まれたときの2倍の身長になっています。

筋力もつき、運動能力があがってきたので

外での遊びが大好き!

男の子は特になにかゲームをするわけでもなく、

ずっと走っていますよね!

友達と追いかけっこするのも楽しそうです。

3歳になり、できるようになったことは主に2つあります。

まず、物の形や色がわかるようになること

次に、社会性がつき、友達と上手に遊べるようになることです。

この3歳の特徴をいかした室内ゲームを次に

ご紹介したいと思います。

3歳児が夢中になる室内遊びにぴったりなゲーム5選

からだを動かすのが大好きな3歳児。

まずはママとふたりでも遊べるゲームをご紹介します。

色さがしゲーム

お子さんに好きな色を指定してもらい、

その色を家の中で見つけよう!というゲームです。

二人で一緒に家の中を回ってもいいですし、

対抗するのが大好きな男の子でしたら

「ママと勝負ね!」と制限時間内で

どちらがより多く見つけられるか

競ってみるのも楽しそうです!

宝さがしゲーム

何かおもちゃをお子さんに指定してもらい、

それをママが隠し、子供に探してもらうゲームです。

範囲が広すぎると子供がやる気をなくしてしまうので、

リビングだけ、とか子供部屋だけ、と

範囲を狭めて設定するのがおすすめですよ。

また、雨の日に室内で遊ばせようと、

あらかじめ買っておいたものなどをこっそり隠すのも

楽しそうです。

まさに、宝さがし、ですね!

スポンサードリンク

その際は、クレヨン粘土など、

知的好奇心を満たせるものがおすすめです。

色や形の判別ができるようになった3歳の子は、

クレヨンや粘土が大好きです。

ストップゲーム

音楽をかけ、ランダムに停止してください。

音楽が止まったらストップする、という簡単なゲームですが、

3歳児はいきなりストップするのが、なぜか大好き

単純さがいいようです(笑)

うちの3歳の息子はひとりで「ストップ!」と言いながら

遊んでいます。

次はお友達と一緒に室内で遊べるゲームをご紹介します。

椅子取りゲーム

こちらも3歳の息子が大好きなゲームです。

家で椅子を用意するのは大変なので、

座布団やクッションなどで代用しましょう!

参加人数より少ない数の座布団を用意し、

音楽がなっている間は座布団の周りをまわります。

ママが音楽を止めたり、笛を吹いたら、座ります。

この際、「前のひとを押さない」と伝えると、

怪我がなく安全に遊べますよ!

社会性が身につく3歳。

危ないし、お友達に怪我をさせたら大変だから、

と説明したら、ちゃんとわかってくれる年齢です。

だるまさんがころんだ

最初はママが鬼になると、あとから子供が

鬼になることに抵抗を感じずに済みます

絵本のだるまさんシリーズの影響か、

子供はだるまさんが大好きです!

鬼が壁の方を向き「だるまさんがころんだ」と

振り返ったときに動いてしまったら負けです。

まとめ:雨の日でも楽しい室内遊びを!

ママと2人だけで遊ぶゲームも楽しいですが、

「椅子取りゲーム」や「だるまさんがころんだ」のように、

一定のルールを設けたゲームも、3歳児は楽しむことができます

せっかく友達と遊ぶなら、社会性の身につくゲームがしたいですね!

お外遊びが大好きなお子さんでも、

家の中でも沢山体を動かして、楽しませてあげられたらいいですね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告