link_bingo1




離乳食を食べるのが遅いのはなぜ?先輩ママが原因と対処法を教えます!

bingo1

スポンサードリンク
 





離乳食の悩みはさまざま。

作るのが大変、

せっかく作ったのに食べてくれない、

アレルギーが心配、

などなど、ママの悩みは尽きませんよね。

食べるのが遅い、というのもよくある悩みのひとつです。

うちの息子も食べるのがゆっくりでした。

1回の食事に、1時間くらいかかっていました。

その間、ずっとついて食べさせるのはやはり苦痛でした。

今回はゆっくり食べる赤ちゃんを持つママに、

離乳食を食べるのが遅いのはなぜか?

原因と対処法をご紹介したいと思います。

離乳食を食べるのが遅い原因は?こんなこと思い当たりませんか?

スポンサードリンク

離乳食を食べるのが、ゆっくりになってしまう原因のひとつに、

おなかが減っていない、ということが挙げられます。

おとなだって、おなかが減っていなければ

食事はとりたくないですし、食べるペースもゆっくりになりますよね。

離乳食の時期ですと、

おっぱいやミルクを飲んでいる赤ちゃんも

多いかと思います。

もしかして、食事の前に、与えていませんか?

うちの息子はおっぱいが大好きでした。

完全母乳だったこともあり、特に授乳の時間も決めず、

家にいるときは好きな時に好きなだけ飲める、

まさに飲み放題状態でした。

今思えば、これが息子の食の進まない理由でした。

おっぱいでおなかが満たされてしまっていたのですね。

とはいえ、おっぱいしか飲んでいないと栄養面で心配です。

完全母乳のママも、離乳食をあまり食べてくれない場合は

おっぱいの時間を決めるのも大事かもしれません!

離乳食を食べるのが遅いときの対処法は?

先程、おっぱいの与えすぎではないか、ということを

お伝えしましたが、ほかにも考えられる理由はあります。

それは食材の固さが赤ちゃんに適してはいないのではないか

ということです。

固すぎて、ずっともぐもぐしていないといけないから、

口や顎が疲れてしまうのですね。

赤ちゃんのうんちを見てみてください。

固すぎて消化ができなかったものは、

そのままの形で、うんちで出てきます。

月齢にあった柔らかさで、離乳食を作ってみてください

また、食事前におなかが減るように、

たくさん体を動かしてあげるのも効果的です。

遊ぶとクタクタになって、おなかも減りますよね!

まとめ:我が子のペースを受け止めるのもアリ!

離乳食を食べるのが遅い赤ちゃんの

原因や対処法をお伝えしてまいりました。

でも、これも個性かもしれません。

大人になってからも、ゆっくり食べる人、

早食いの人、いろいろいますよね。

赤ちゃんの性格がおっとりしているのかもしれませんよ!

また、ママが「早く食べなさい」と急かすのも、

それはそれで別の問題が出てきます。

お子さんが焦って丸飲みしてしまうようになる可能性があります。

よく噛まず、丸飲みしてしまうと、

消化をするのに内臓に負担をかけてしまいますよね。

まずは、授乳の回数やタイミング、離乳食の固さを見直す、

たくさん運動させる、といった工夫をしてみてください!

ママにとっても、赤ちゃんにとっても、

たのしいお食事タイムになりますように!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告