link_bingo1




言うことを聞かない中学生の息子…どうやって乗り切るか先輩ママからアドバイス!

bingo1

スポンサードリンク
 





中学生の子供は、親の言うことを聞きません。

だから余計に、口うるさく小言を言う羽目になります。

すると飛び出してくる、この言葉。

うるせえ、このクソババァ!

反抗期の子供に毎日向き合うには、エネルギーが必要です。

時には、ヘトヘトに疲れてしまうことも…。

反抗期の子供と闘うには、どうすればいいでしょうか?

中学生の子供が言うことを聞かないのはなぜ?

スポンサードリンク

中学生の子供は言うことを聞きません!

やるべきことをやらない息子に

「○○やりなさい」

と言えば、

「今やろうとしたのに言われたからやる気がなくなった」

などと言います。

あれこれ言われて嫌だった覚えは、自分にもありますから、

しばらく黙っていようと見守ることにしますが、結局何もやろうとしません。

最終的には口論になって、「このクソババァ」になります。

中学生になると、どうしてこんなに言うことを聞かなくなるのでしょうか?

…それは、自立心や自主性が育ってきたからです。

それならどうして、自主的に勉強や片づけをしないの?

それは親から目線の自主性でしょう?

子供からすれば、勉強をせずにゲームをすることを「自主的」に選んでいるのですよ。

もちろん、勉強することを選ぶ子もいますけど。

今まで当たり前だと思ってきたことに疑問を抱いたり、常識を疑って自分なりの考え

を持つことができるようになってきたからこそ、

「どうして親の言うことを聞かなければいけないのか?」

「親の言うことは、本当に正しいのか?」

という疑問を持つようになり、自分の考えで行動してみようとしているのです。

そこへ、あれこれと親が口を出してくるから、

うるせえ、このクソババァ!

になるわけです。

でもそれは、

よくぞそこまで成長した!

と、お祝いしたいくらい素晴らしいことなのですよ。

言うことを聞かない中学生の息子に私はこうやって接していました。

そうは言っても、

今やるべきことを「やらない」と決められては、困ってしまいますね。

特に勉強は、大人になってからやりたいと思っても記憶力や学習能力は落ちていきますし、

仕事の合間に時間を作るのも大変です。

勉強に集中できる中学時代は、とても尊い時間ですよね。

でもそれは、大人になった今だから解ることであって、中学生には理解できません。

たとえ言葉で説明したとしても、

「そんなこと知るか、自分の失敗を子供に押し付けるな!」

となってしまいます。

ですが、この貴重な時間を無駄にすることはできません。

「どうか勉強してください。」

とお願いしてでもやってもらいましょう。

スポンサードリンク

本人が自分のためにすることなのに、なぜお願いしなきゃいけないの!?

子供が勉強の大切さを理解するのには、時間がかかります。

そして理解したころ、中学校生活は終わってしまうからです

理解されるのが10年後でも、今やるべきことをやってもらいましょう。

それでも、なんだかんだと理屈をつけて何もやろうとしないかもしれません。

そんな息子に、私はブチ切れました。

私は、反抗期の息子にどう接すればよいか、あれこれ試行錯誤していました、

厳しく指摘してみたり、黙って見守ってみたり、

遠回しに柔らかく促してみたり…。

それでも屁理屈を言って何もしない息子に、

「黙ってても何もしないじゃないの!」

と怒りました。

すると息子が、

「どうせ子供に嫌われたくないから、何も言えないだけだろ!」

と言ったのです。

私は完全にブチ切れて、

お前がまともな人間に育つんだったら、嫌われることなんてどうでもいいわ!!

嫌われるのが怖くて、親なんかできるかっ!!

…いいよ嫌いで、嫌いになれよっ!嫌いでいいからやることやれっ!!

と叫んでました。

いま、お願いしてやらせるように、って言ったくせに…。

時には、全力でぶつかる必要もありますよ。(^_^;)

反抗期の子供に接する時に、一番大切なことは、

一日一回、ムギューすること。

です。

これは、

あなたを大切に思っているよ

と伝える手段です。

たとえ嫌がられても、気恥ずかしくても、中学生の間くらいは続けてください。

自分は、親から愛されている大切な存在なのだ、と認識させてあげてください。

十分に愛されることで、自立心の芽が育つのです。

それから、ゲームやアニメ、動画などの雑談にも耳を傾けてください。

忙しい毎日を送る中では、

「重要なことや必要事項だけを伝えてくれればいい」

と思うかもしれません。

でも、日常の雑談すらできない相手に、重大な悩みを打ち明けたりするでしょうか?

子供には、親に心配をかけたくないという気持ちもあります。

子供の話はどんなことでも聞いて、変化を察知する能力を磨いてください。

親元を離れて自立する日は、呆気ないほど早くやってきますよ。

まとめ

中学生の子供が言うことを聞かないのは、自主性が育ってきた証拠です。

そんな中学生と接する時は、

・一日一回ムギューする。

・今やるべきことは、お願いしてでもやってもらう。

・雑談にも耳を傾けて、重要な問題を見逃さないようにする。

この三つが大切です。

もし、「クソババァ」と言われたら、ここまで成長したことを喜びましょう。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告