link_bingo1




新米ママさん必見!赤ちゃんのおもちゃを洗う頻度や洗い方教えます

bingo1

スポンサードリンク
 





お子さんの成長の刺激になるおもちゃ。

でも赤ちゃんには「汚い」という概念がないので、

ついついなんでも口に入れてしまいます。

口に入れてどんなものか確かめているようですが、

おもちゃはすぐによだれでベトベト・・・

出来ることなら常にきれいな状態を保ってあげたいですよね。

しかし洗いすぎるのも考えものです。

おもちゃも劣化してしまいますし、

お子さんには多少の菌がなければ、

菌に弱い体になってしまいます。

水で簡単に洗えるおもちゃはケアも簡単ですが、

布製で洗えない素材はどうすればよいでしょうか?

また、洗う頻度も気になるところですよね。

そこで今回は、おもちゃを洗う頻度や洗い方についてご紹介いたします!

赤ちゃんのおもちゃ 素材別の洗う頻度の目安は?

スポンサードリンク

赤ちゃんのおもちゃを洗う頻度ですが、

実はこれといって決まったきまりはなく、

もちろんですが、それぞれのご家庭で違います。

なので、私が娘のおもちゃを洗った頻度をご紹介します。

月齢が低ければ低いほど、菌に対する抵抗力が弱いので

洗う頻度も消毒する頻度も多くなります。

私は、プラスチックやゴム製品は毎日洗っていました。

プラスチックやゴム製品は簡単に洗えますし、

オーボールや歯固めなどは、

よだれですぐにベトベトになってしまいます。

そのため、気がついたら水で簡単に流すくらいは、

一日に何度もしていたと思います。

木製の積み木やブロックなどは、使わない日もありましたので

使った後にサッとウエットティッシュで拭いていました。

そのため、頻度としては「その都度」といったところでしょうか。

布製のおもちゃは、洗う時間も手間もかかりますので、

数日に一度、ものよっては1週間に一度くらいでした。

しかし、布製のおもちゃも、よだれがつかないわけではないですし

汚れないということもありません。

目立つ汚れがあれば、使用のたびに洗うことをおすすめします。

赤ちゃんのおもちゃの洗い方は?

次はおもちゃの洗い方です^^

こちらも私のやり方ですが、ご参考になればと思います。

まず、プラスチックやゴム製品ですが、

プラスチックのおもちゃのいいところは

水でじゃばじゃば洗えるところです。

毎朝娘が起きる前に、食器用洗剤で洗い、

その後、煮沸消毒できるものは煮沸しました。

煮沸できないものは、哺乳瓶用消毒液に漬けて、

消毒をしていました。

もし、お子さんへの洗剤の刺激が気になるようであれば

哺乳瓶用の洗剤で洗うと良いでしょう。

その際、洗剤や消毒液がおもちゃに残らないよう

よくすすぐことが大切です。

次に木製のおもちゃです。

木製のおもちゃは、あまり水で洗うと木が水分を吸い込んでしまい、

カビや菌が繁殖しやすい状態になってしまっては大変です。

なので、木製のおもちゃはウエットティッシュでよく拭いた後、

おもちゃ用の消毒スプレーなどで消毒をする程度で良いでしょう。

除菌が出来るウエットティッシュで拭けば、

一度で済むのでそんなに手間もかかりません。

ウエットティッシュのアルコール成分が気になるという場合は、

電解水で除菌も出来ますので、

電解水をかけておもちゃを拭くという方法もおすすめです。

電解水はお子さんの口にはいっても問題ありません^^

野菜洗いにも使用できるくらいです。

最後に布製品ですが、

布製品は種類によってケアの仕方が変わってきますし

簡単に消毒は出来ませんよね。

しかし、低月齢のお子さん用のおもちゃだと、

洗える素材で作られていることが多く、

赤ちゃん用の洗濯洗剤を使って

手洗いや洗濯機のデリケート洗いのコースで洗えます^^

あまり水で洗えないぬいぐるみや

フェルト生地などのおもちゃはどうすればよいでしょうか。

水で洗えない布製のおもちゃは重曹できれいになるんです!

大きめの袋に洗いたい布製のおもちゃを入れ、

その中に重曹(おもちゃの量に応じて適量)を入れます。

あとは袋を振って、ベランダや外などで重曹を払い落します。

私はそのあと掃除機で吸って、

残った重曹などを吸い取っていました^^

しかし、重曹だけではすべての菌がいなくなるわけではありませんので、

週に1度くらいは天日干しをおすすめします。

まとめ

おもちゃはよだれや床に落ちることにより

汚れやすく菌もたくさん!

そんなに頻繁に洗えないおもちゃもありますが

出来る限りきれいな状態を保ち、お子さんを雑菌から守りましょう!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告