link_bingo1




5歳の子供が寝ながら泣くのが心配…原因は?どう対処すればいい?

bingo1

スポンサードリンク
 





5歳の子供が寝ているときに、

激しく泣いたりジタバタ暴れたりすることがあります。

なだめようと声をかけても聞こえていないようで、

効果がありません。

まさか何かに憑りつかれているのでは!?

…そんなことまで考えたりします。

こんな時、何か対処法はあるのでしょうか?

子供が寝ながら泣くのはなぜ?原因はなに?

スポンサードリンク

5歳くらいの子供が寝ているときに、

突然泣き叫んだり暴れたりすることがあります。

寝ぼけているのか、それとも怖い夢を見たのか…。

とにかく落ち着かせようとしても、

こちらの言うことは聞こえていません。

うちの子は、一体どうしてしまったの!?

翌日になって、その時のことを聞いてみても、

「ん~?…寝てたからわからない。」

と言って、ケロリとしています。

どうして、このようなことがおこるのでしょうか。

実は5歳の子供の脳の中では、

いま眠りのシステムを構築中なのです。

このシステムは、まだ完成していないので、

眠っているのに興奮状態になるという、

正反対の現象が起きてしまいます。

本人は眠っているので、落ち着かせようとしても効果がなく、

声をかけても反応しません。

翌日に話を聞いても、何も覚えていません。

私の子供もある晩、突然起き上がって泣き叫び、

パニック状態になりました。

何とかして落ち着かせようと、

声をかけたり抱きしめようとしたりしましたが、

言うことを聞きません。

翌朝になってから、「昨日、何か怖い見た?」

と聞いてみても、とくに夢を見たという記憶はなく、

泣き叫んでいたことを話しても、

何のことだか分からないようでした。

このような現象を、「夜驚症」または「睡眠時驚愕症」といいます。

子供が寝ながら泣いたり暴れたりするときの対処法は?

夜驚症は、睡眠のシステムが作られる時に起きる現象です。

だから、子供を起こさないでください。

起こしてしまうと、眠りのシステムを作るのが遅れてしまいます。

夜ゆっくりと寝て朝スッキリ目覚める仕組みが出来上がるのを、

待っていてください。

成長すれば、自然におさまります。

ただ、暴れたときにケガをしないよう、危ない物を遠ざけましょう。

泣き叫んだり暴れたりする時間は、10分以内です。

試しに時間を計ってみてください。

10分以内なら、成長の過程で起こることなので安心です。

もしも、10分以上暴れたり叫んだりしてたら!?

その時は、睡眠関連てんかんの発作かもしれません。

小児科、精神科、睡眠外来などの医療機関を受診しましょう。

まとめ

5歳くらいの子供が、寝ながら泣いたり暴れたりするのを、

夜驚症といいます。

これは、脳内の眠りのしくみが未発達なために起きる現象です。

本人は何も覚えておらず10分以内でおさまります。

成長過程の一つなので、安心してください。

もし10分以上続くようなら、睡眠関連てんかんの可能性がありますから、

お医者さんに診てもらいましょう。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告