link_bingo1




赤ちゃんも歯ぎしりするの!?歯がないのにどうしてなのか知っておこう!

bingo1

スポンサードリンク
 





赤ちゃんの歯が生えてくることは

お子さんの成長を感じられる大きな出来事です。

しかし、ある日抱っこをしていると

ギシギシと歯ぎしりの音が・・・。

歯がないのになぜ!?と驚かれると思うのですが

乳歯が数本であっても歯ぎしりをします。

しかしそれは、お子さんの成長のひとつの過程なので

そんなに心配することはありません。

赤ちゃんの歯ぎしりは大体生後6か月ごろから

始まると言われていて、乳歯が生え始める時期でもあります。

赤ちゃんから幼児の歯ぎしりの発生率は10~20%と言われていて

そんなに珍しいことではないのです。

私の娘も歯が生え始めた頃に歯ぎしりをし始めたのですが

最初は歯がないのになぜだろう・・・と気になっていましたが

特にやめさせたりはせず様子を見ているうちに

自然に止まったので、成長のひとつなのかなぁと思っていました。

しかし、歯がないのに歯ぎしりなんて・・・

と疑問や不安があると思いますので

赤ちゃんの歯ぎしりついて原因や対処法などをご紹介いたします。

赤ちゃんが歯ぎしりするのはなぜ?考えられる理由はこれ!

スポンサードリンク

まず、赤ちゃんには乳歯もそこまで生えていないのに

なぜ歯ぎしりをするのでしょうか?

それは生えてきた歯を確認していたり

歯が生え始めて、むずむずしてかゆいといった原因もあるようです。

その他にも成長のひとつの段階として

歯の正しい使い方や、次に生えてくる歯の位置を

無意識のうちに調節しているということもあるようです!

また、歯ぎしりをすることによって

あごの筋力が発達すると言われています。

歯ぎしりはあまりいい癖ではないイメージが強いですが

お子さんの成長段階では一つの大切な過程と言えます。

しかし、心因性の歯ぎしりというのも

やはりないわけではありません。

まれにストレスで歯ぎしりをし始めるということもあるようで

環境の変化などがストレスの要因となるようです。

また、無理やりやめさせようとするのも逆効果となってしまい

最初は成長の過程としての歯ぎしりだったのが、

心因性のものとなってしまったいうケースもあります。

無理やりやめさせることは、避けた方がよさそうです。

歯ぎしりを無理やりやめさせてしまうことで、

噛む力の芽生えをやめさせないように注意しましょう。

赤ちゃんの歯ぎしり心配しないで。こうしておけば大丈夫

赤ちゃんの歯ぎしりはとても心配になりますが、

前述のとおり成長のひとつなので、見守ってあげることも大切です。

しかし、度が過ぎてしまうと歯列不正を招いてしまいますので

様子を見ながら適度に止めることも必要です。

無理矢理やめさせるのはよくないので、

何か別のもので注意をそらしてみたり、

歯固めを与えてみることで

度が過ぎる歯ぎしりは防げるかもしれません。

歯が生えてくる違和感やむずかゆさなどにも、

歯固めで対処できますし、歯固めをカミカミすることで

歯ぎしりが減ると言われています。

また、歯茎のマッサージ効果もあり、

発達を促してくれるはたらきもあります。

歯固めは安全な素材で、汚れがたまりにくく

握りやすいシンプルなものがおすすめです^^

私は歯が生え始めてから使用できる

歯ブラシタイプのものを使っていました^^

そうすると歯ブラシにも慣れてくれるので

歯磨きが必要になったときに違和感なく

歯ブラシを持ってくれるので一石二鳥ですね!

もし、歯ぎしりで出血してしまったりしても

多少の出血であれば痛みは感じていないことが多く

ガーゼで出血した部分をそっと拭ってあげる程度でよいでしょう。

しかし、自然に止まっても何度も出血する場合や

出血量が多くなかなか止まらない場合は、

小児科か小児歯科に相談しましょう。

また、歯ぎしりをすることで受け口になってしまうのではないかと

心配されるお母さんもいらっしゃいますが、

一時的に受け口に見えても歯が生えそろえば

気にならなくなるようですよ。

まとめ

私たち大人の常識ではあまりいいイメージがないものも

こどもにとっては大切な成長過程であったりします。

お子さんの歯ぎしりも心配ではあると思いますが

あまり神経質にならず、見守ってあげることも必要です。

様子を見ながら、度が過ぎていたらなにか対策をとったり

心配なことは専門家に相談するようにしましょう。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告