link_bingo1




全然言うことを聞かない子どもどうすれば?10歳児の対処法ベテランママが伝授!

bingo1

スポンサードリンク
 





もうすぐ10歳になる我が子。

全然言うことを聞かなくて、頭を悩ませているお母さん!

10歳の子どもが言うことを聞かないのは、

自分の意思があるからです。

自分のやりたいことやりたくないことが、

しっかり主張できるようになったのです!

のびのびと健全に成長しているではありませんか。

これを上手に伸ばしてあげたいですね。

それには、どうすればいいでしょうか?

10歳の子どもが全然言うことを聞かないのはなぜ?

スポンサードリンク

10歳は、反抗期の入り口です。

もう小さい子ではありません。

「ああしなさい、こうしなさい」

と頭ごなしに言われると、反発するようになります。

これは、人間形成がうまくいっている証拠です。

あなたも他人から、

「ああしろこうしろ」

と命令されるのは、いい気持ちはしないでしょう?

10歳になると、子どもの行動範囲は飛躍的に広がります。

知らないうちに、遠くに住んでいる友達の家に遊びに行ったり、

びっくりするくらい遠い町に、自転車で出かけたり…。

冒険心やチャレンジ精神が、旺盛になってきます。

できることがたくさん増えて、

事によっては親より上手になったりします。

「ねえ、卵焼きってどうやって作るの?」

そんなことを息子に聞かれたのも、この頃だったような気がします。

卵焼きの黄色いきれいな形が、

どうやってできるのか疑問に思ったらしいのです。

私は即座に、息子をキッチンに連れて行きました。

「では、卵焼きを作りましょう!はい、冷蔵庫から卵を出してー」

「えっ!?えっ!?」

手取り足取り、息子に卵焼きの作り方を教えました。

今では、私よりおいしい卵焼きを作ることができます。

言うことを聞かない10歳の子どもの対処法は?

10歳は、やがて大人になるための準備が始まる時期になります。

厳しく叱りつけて、恐怖心で言うことを聞かせるのはNGです。

スポンサードリンク

他人に自分のしたいことやしてほしいことを伝える方法は、

親を見て学びます。

あなたが子どもに浴びせた言葉は、

子どもが他人に浴びせるようになります。

それに厳しくし過ぎると、

子どもは表面だけ「いい子」を装います。

叱られそうなことは秘密にして、隠してしまうのです。

そのため発覚した時は、

他人様に迷惑をかけた後ということになってしまいます。

命に危険が及ぶことや、他人を傷つけるようなことでなければ、

ちゃんと見てるぞ

という姿勢を見せる程度で十分です。

子どもに、どうしてもやらせたいことを伝えるときは、

○○した方がいいよ」とか、

これやってくれると嬉しいな」とか、

これをしてくれると助かるわ

というような言い方に変えてください。

逆に何か良くないことをしていることに気づいたら、

こんな事をするなんて、悲しい

とお母さんの気持ちを伝えましょう。

そして兄弟が仲良くすることを望むなら、

兄弟を比べるのも絶対にNGです。

「○○ちゃんはできるのに、どうしてあなたはできないの?」

などと言って比べようものなら、それは

「お母さんは、あなたよりも○○ちゃんの方が可愛い。」

と言ったも同然になります!

すると、○○ちゃんが母親の愛情を奪いあう敵になります。

母親の愛情とは、それほど大きなものです。

むしろ子供たち全員に

お母さんは、自分が一番かわいいのだ

と思わせてあげてください。

たとえあめ玉ひとつハンカチ一枚でも、

あなただけ特別」な何かを、作ってあげましょう。

まとめ

10歳の子供が言うことを聞かないのは、健全に成長したから。

旺盛なチャレンジ精神をしっかり伸ばしてあげましょう。

母親の愛情は、子どもにとってとても大きなものです。

自分が一番愛されていると思ってもらえるように

「特別な何か」をあげましょう。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告