link_bingo1




賞味期限切れのお酢の捨て方…その前に意外な使い道知っておこう!

bingo1

スポンサードリンク
 





あぁ、安売りで買ったお酢の賞味期限

切れちゃいました!

もったいないから、何かに使いたいんだけど・・・

でも捨てるとしたら、どうすればいいでしょう?

捨てる前にちょっと待って!

お酢は料理に使わなくても、使い道が色々あるんです。

賞味期限が切れてしまったお酢の活用方法と、

捨て方をご紹介します。

捨てないで!賞味期限切れのお酢には意外な使い道が!

スポンサードリンク

賞味期限が切れてしまったお酢は、

もう捨てるしかないのでしょうか?

お酢は、ほかの食品を保存するのに使われるほど

保存性の高い食品です。

だから、賞味期限を過ぎていても捨てないでください!

もし未開封なら、まだ普通に調味料として使えます。

賞味期限は、おいしく食べられる目安を表したもので、

決して使えなくなる期限ではありません。

開封してから半年くらいは、

賞味期限が過ぎていても大丈夫です。

光の当たらない涼しい場所に保存すれば、

1年経っていても使えます。

もし表面に白い膜が張ってしまったとしても、

取り除いてしまえば大丈夫です。

でも、開封したあと1年以上過ぎていたとしたら、

味や風味は落ちてしまうでしょう。

色が変わったり、

びんの底に何か正体不明の物質が沈んでいたら、

もう食品として使うのはやめてください。

すし酢ポン酢など、味付けされたお酢は、

普通のお酢に比べるともっと賞味期限が短いので、

注意してくださいね。

では、食品として使えなくなったお酢は、

もう捨てなければいけないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

調理に使うのはお勧めできなくても、

お酢には様々な使い道があります。

洗濯機のカビ取り

縦置きの洗濯槽のカビ取りに、お酢が使えます。

洗濯機に水を上まで溜めて、

カップ1杯のお酢を加えて回します。

数分間回したら、排水すればOK。

お酢の殺菌効果で、洗濯槽がすっきりしますよ。

浴槽や洗面器の水あか取り

お酢には、水あかを分解・殺菌する効果があります。

浴槽や洗面器にこびりついた水あかには、

重曹を振りかけ、お酢をしみ込ませた

スポンジでこすると、落ちやすくなります。

水虫にお酢が効く!?

掃除に使えることはよく紹介されていますが、

スポンサードリンク

意外な使い道としては、私は水虫に使いました。

初めて水虫になった時、市販の水虫薬を使って、

薬の注意書きどおりに、患部とその周辺に広く薬を塗りました。

ところが、塗った場所を避けるように

新たな水虫が転々と発症して、

塗れば塗るほど広がっていく最悪の状態に!

そんな時、小耳にはさんだのがお酢を使う方法でした。

お風呂で、洗面器やたらいにお湯を張り、

お酢をひと回し加えます。

そこに足を、くるぶしの下あたりまで数分浸します。

これなら足全体を漬けるので、

塗っていない場所に水虫が広がるということがありません。

これを一週間ほど続けると、

症状はすっかり治まりました!

民間療法なので、合う人合わない人があると思いますが、

私には薬よりもお酢の方がずっと良かったです

市販の薬が合わない方は、試してみてください。

それでもだめなら、皮膚科へ行ってくださいね。

でもやっぱり賞味期限切れのお酢を処分するなら捨て方はこれ!

掃除に使うとお酢の臭いが気になるし、

水虫もないからやっぱり捨てる?

それなら、排水口に流せばOKです。

でも、同じ流すならこんな捨て方はどうでしょう。

重曹と組み合わせて、排水口の掃除をしませんか?

まず、排水口の汚れに重曹をふりかけます。

なるべくムラがないようにしたほうが効果的です。

つぎに、重曹をかけた部分にお酢をかけます。

少しずつかけて、

なるべく重曹を流さないようにしてください。

すると、泡がシュワシュワと発生してきます。

このまま30分ほど放置しましょう。

30分後、勢いよく水を流して排水口の汚れを落とします。

部分的に残った汚れは、古い歯ブラシでこすれば完璧!

流してしまうので、お酢の臭いは残りません。

これでお酢を無駄なく使えますよ!

どうぞ試してみてください。

まとめ

賞味期限が切れたお酢の使い道と捨て方をご紹介しました。

お酢は保存性の高い食品です。

賞味期限を過ぎていても、

半年~1年くらいは料理に使えるので、

慌てて捨てないでくださいね。

もし、もう使わない場合でも、

掃除や民間療法などの使い道があります。

とことん有効に使ってくださいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告