link_bingo1




マカロンの保存は冷蔵庫が常識?冷凍保存は?どれぐらい日持ちする?

bingo1

スポンサードリンク
 





昨日、大学時代の友人が遊びに来て

有名菓子店のマカロンを持って来てくれました。

マカロン好きにはたまらないお土産でした!

色とりどりのマカロン、

食べるのがもったいないほどかわいい。

賞味期限を見ると

「製造日から3日以内にお召し上がりください」

と書いてあるけど、うちで食べるのは私だけ。

うーん、賞味期限を伸ばす保存法はありませんか!?

マカロンは鮮度が大事なデリケートなお菓子ですよね。

マカロンの保存方法についてご紹介します。

マカロンの保存は温度がポイント!

スポンサードリンク

メレンゲをベースにした焼き菓子に

ガナッシュやクリームを挟んだ

色とりどりのマカロン

お店でカラフルなマカロンが並んでいるのを見るだけで

幸せな気分になりますよね。

フランス発祥のお菓子マカロンですが、

最近は本場フランスの有名店から空輸されるなど、

ますます人気が高まっているお菓子ですよね。

実はこのマカロン、保存温度が大事なんです。

そのいちばんの理由は挟んであるクリーム。

生クリームやバターなどの材料で

できているものが多いので、

常温では溶けたり酸化する恐れがあります。

また、マカロン生地も

砂糖とメレンゲは高温多湿に弱いので、

保存温度が高いと、溶け出してベタついたり、

食感が悪くなります。

ですから、夏場はもちろん、

食べ切れない場合は、常温は避け、

冷蔵庫での保存がおすすめです。

賞味期限の表示がある場合は、

冷蔵保存でも賞味期限内に食べ切るようにしましょう。

参考までに、マカロンが有名なお店の

お取り寄せマカロンの賞味期限は以下の通りです。

スポンサードリンク
  • ピエール・エルメ・パリ:商品到着日より約3-4日
  • ダロワイヨ:商品到着日より約7日
  • ラデュレ:商品到着日より4日
  • パティスリー・サダハル・アオキ・パリ:冷凍で20日、冷蔵で5日
  • ジャン=ポール・エヴァン:4日

マカロンは冷凍保存できる?解凍方法は?

それでも、

「たくさん頂いてしまったので食べ切れない」

ということもありますよね。

お店によっては、日持ちするジャムなどをサンドした

マカロンが常温で陳列されている場合があります。

その場合、常温でも製造日から1〜2週間の

賞味期限が設けられている場合があります。

しかし、マカロンは基本生菓子なので、

賞味期限が短いものが大半です。

また、手作りマカロンに関しては

1〜2日ほどしか日持ちません。

食べ切れない、または、

手作りマカロンを保存したい時は

冷凍保存をしましょう。

マカロンはひとつずつ、

壊れないように気をつけてぴっちりラップで包み、

ジッパーバッグに入れて冷凍庫へ入れます。

マカロンは匂いが移りやすいお菓子なので、

冷蔵庫に入れる場合も、冷凍庫に入れる場合も

ラップやジッパーバッグでの密封包装がベストです。

しっかり密封して冷凍保存しておけば、

製造日から3日程度の賞味期限のものでも2〜3週間、

長い期限のものなら1ヶ月はキープできますよ。

冷凍したマカロンを食べる場合は、

冷蔵庫に移して、ゆっくり解凍します。

まとめ

マカロンの保存方法と賞味期限についてご紹介しました。

デリケートな焼き菓子のマカロンは、

美味しい状態で保存するには、

高温多湿は禁物です。

賞味期限を超えてしまいそうだなぁ・・・

と思ったら、冷凍保存するのが良いですよ。

あのほろりとする独特な記事の食感と

クリームのクオリティをキープするために

マカロンの冷蔵・冷凍保存方法、

是非お試しくださいね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告