link_bingo1




あまったぜんざいは冷凍できる?上手な保存方法知っておこう!

bingo1

スポンサードリンク
 





ぜんざいをたくさん作ったら、あまってしまいました。

保存したいけど、どうすればいいでしょうか?

ぜんざい以外のおいしい食べ方があれば、それも知りたいですね。

そこで今回は、あまったぜんざいの上手な保存方法と、

ぜんざいのリメイクアイデアをご紹介します。

むしろ多く作って良かった!と思っちゃいますよ~

上手に利用して美味しくいただきましょう。

あまったぜんざいの保存方法は?どれくらい保存できる?

スポンサードリンク

小豆を炊いて丁寧に作ったぜんざいがあまってしまったら、

何とか保存して食べたいですよね。

あまったぜんざいを保存するには、どうすればいいのでしょうか?

まず、お餅や白玉がまだ鍋に残っていたら、取り出すか食べてしまってくださいね。

残った汁をタッパーか保存袋に入れます。

2~3日中に食べきる予定なら、そのまま冷蔵庫に入れればOKです

でも、もっと長期保存したいなら、冷凍にしましょう。

冷凍にすれば、およそ1か月から2か月保存することができます

たくさん作りすぎたとしても、冷凍すれば全部食べられますよ。

上手な解凍方法とぜんざい残りレシピ教えます!

冷凍保存したぜんざいを食べるときは、冷蔵庫で自然解凍してから使います。

凍ったままでいきなり加熱すると、小豆の風味が落ちてしまうからです。

スポンサードリンク

自然解凍したものを鍋に入れて、焦がさないように混ぜながら加熱します。

焼いたお餅や白玉を加えれば、おいしいぜんざいの復活です。

「ぜんざいは飽きてしまった」

というあなたには、こんな食べ方はどうでしょう。

バターをたっぷりぬったトーストに、ぜんざいをかけて小倉トーストに。

バターの塩気とぜんざいの甘さが、お互いを引き立てあっておいしいですよ。

パンケーキにかけてもいいですね。

煮溶かした寒天と砂糖を加えて、型に流し入れ、

自家製の羊羹を作るという手もあります。

夏なら、アイスキャンディーを作る容器で凍らせて、

自家製のあずきバーができますね。

練乳を少し加えると、一層おいしくなりますよ。

かき氷機で削って、小倉かき氷にするのもおいしそうです。

こうすれば、残り物のぜんざいも、無駄なく使いきることができますね。

…ああ、何だかあんこ系のおやつが食べたくなってきました!

ちょっと、あんドーナツを買いに行ってきます(笑)

まとめ

あまったぜんざいを長期保存するには、タッパーなどの容器に入れて冷凍します。

冷凍保存できる期間は、1か月から2か月くらいです。

食べるときは、風味を保つために自然解凍してください。

小倉トーストや羊羹、あずきバーなどにリメイクして楽しむこともできます。

おいしいぜんざいを、無駄なく使いきりましょう!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告