link_bingo1




タッパーの白い汚れの原因は〇〇だった!簡単な落とし方はコレ!

bingo1

スポンサードリンク
 





プラスティックのタッパーを繰り返し使ったある日、

壁面にポツポツ白い汚れを発見しました。

当初、爪で擦ると消える程度でした。

でもさらに使っていたら

この汚れ、固い結晶になってしまいました・・・。

どうやって落とせばいい?

繰り返し汚れがつくのはなぜ?

繰り返し使っていくとなんとなく浮き上がる白い跡。

この汚れの正体はいくつかあります。

今回は、タッパーの白い汚れの種類別発生原因と

それぞれの落とし方についてご紹介します。

タッパーの白い汚れの原因は?

スポンサードリンク

まず考えられるタッパーの白い汚れ、

これは、洗った時の水分や麺類、こんにゃくなどに含まれる

カルシウムの結晶であることが多いです。

斑点のように浮いてきて、爪で擦ると取れるものもあります。

ただ、カルシウムは蓄積するので、

洗い残した結晶にさらに結晶が付着して、

大きなシミになってしまうこともあります。

ほかには、ミートソースやカレーなどの油残りです。

タッパーの角や傷に入り込んだ油は、酸化してシミを作ったり、

レンジを使用した場合、古い油の付着部分が高温になり、

タッパーの素材をわずかに溶かしてしまうことがあります。

また、ごく稀ですが、耐熱限度を超えた温度のものを入れたり、

長時間レンジにいれたことによってタッパーが柔らかくなり、

変形したところが冷めた時に白く変化することがあります。

形が著しく変化してしまうと蓋の開閉が困難になったり、

密閉度が下がります。

また、色がよどんでしまい白く戻らない場合も、

タッパーの劣化と考えてよいでしょう。

慣れて使い勝手が良くても、衛生的に良くはありません。

こうなった場合は、新しいものと交換する方が無難でしょう。

タッパーの白い汚れの簡単な落とし方は?

カルシウムの結晶を取るには、クエン酸お酢が効果的です。

熱湯にクエン酸かお酢を入れて、冷めるまで待ってから洗い落とします。

カルシウムがクエン酸によって中和されて結晶が消え落ちます。

落ちなかったら繰り返し行いましょう!

中途半端に残しておくと、また結晶が発生することがあります。

油汚れによる洗い残しを落とす場合は、

やはり熱湯を入れて油を浮かせるか、もしくはお湯を注いだ後、

重曹を加えて半日ほど置いてから食器用洗剤で洗うと

油汚れは綺麗に落ちます。

タッパー自体が溶けたり、変形していることがわかるものは

残念ながら落とす術がありません。。。

新しいものと交換時期の目安にいたしましょう。

まとめ

タッパーについた白い汚れの正体と落とし方をお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

タッパーの最も厄介な大敵は、タッパーのキズ!

こびりついた汚れを手っ取り早く落とそうと

研磨剤入り洗剤や金属タワシで擦る人がいます。

しかし、これは逆効果。

傷に油や結晶が入り込むと、

きちんと落とす難度が徐々に高くなります。

焦ってこすらないでくださいね!

作り置きや常備菜保管に便利なタッパー。

正しく使って長く付き合いましょう!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告