link_bingo1




長ネギの冷凍はみじん切りが正解!?失敗しない保存方法や便利グッズをご紹介!

bingo1

スポンサードリンク
 





炒め物や煮込み、薬味にも使える長ネギ

便利だと思って買い置きしておくけれど、

キッチンに置いておくだけだと長く持たない。

冷蔵庫ではかさばるから

野菜室に入れるのも一苦労。

刻んで冷凍室、ってどうだろうか?

でも、水分が多いから霜が降りそう。

冷凍には適さない?

そんなことありません!

もちろん刻んで冷凍可能です!

美味しく使える長ネギの保存方法やその注意、

使うと便利なグッズについてお話しします。

 みじん切り長ネギの上手な冷凍保存のコツはたった〇〇するだけ!

スポンサードリンク

俳句の季語にもなる冬野菜の定番の長ネギ。

お鍋はもちろん、中華炒めや

蕎麦やうどんの薬味にもなる

香りの高い野菜です。

調理をすると甘くなって美味しいですよね。

旬の時期、店頭に並ぶツヤツヤの長ネギの束。

涼しい場所で土付きのまま切らず

新聞紙に包んで置けば1ヶ月保ちます

しかし、その長いままだと

場所をとるし、切ると劣化が早い。

そこで冷凍保存です!

長ネギの優れたところは、

薬味やドレッシングのアクセントにも

重宝するところ。

普段使いにはみじん切り保存がオススメです。

長ネギをよく洗って均等にみじん切りをしたら、

ジッパー付きバッグに入れて冷凍庫にポン。

ラップで小分けをしておくと、解凍や

一人分使いの時に便利ですね。

注意点は、よく水気を抜いておくこと

旬のネギは水分が多いので、刻むとかなり水が出ます。

このままバッグに入れると水が凍って、

解凍の際に霜が風味を奪います。

そのためにも、冷凍庫に入れる前に

スポンサードリンク

キッチンペーパーでよく水気をとります

密封状態で保存をすれば1ヶ月は保つ長ネギなので、

他の食品に紛れてつい忘れてしまうことがあります。

保存の際、ジッパー付きバッグの

表面に日付を書いておくと、

使用期限の目安がついて便利ですよ。

 長ネギの冷凍に便利なおすすめグッズはこれ!

野菜の冷凍保存の定番グッズはやはり

ジッパー付きバッグラップですね。

小分け用のラップは、

幅が大きすぎると何重にも包むことになるし、

冷凍後は、長ネギの見分けが難しくなりますね。

ラップはなるべく幅の小さいものを、

ジッパー付きバッグは表面に内容や日付が

ペンで書けるものを選ぶと使いやすいです。

100円均一ショップで売っている

小さいジッパー付きバッグは、

小分けがカンタンですよ。

一回分小分けグッズとしては、

蓋つき製氷器がオススメです!

そのまま刻んだ長ネギを入れても、

ラップで包んだものを入れておいてもOK。

分量が均等に分けられるし、

他のものとくっつきにくいので取り出しに便利。

シリコン製の製氷器だと

霜が降りにくく、取り出しやすいです。

まとめ

刻んだ長ネギの冷凍保存

便利グッズについてお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

忙しい時の料理にもアクセントになる

便利な長ネギのみじん切り。

お家にある便利な道具で

賢く保存して美味しくいただきましょう。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告