link_bingo1




雪国のお葬式のマナー 靴はブーツでもいいの?防寒タイツは履いてもOK?

bingo1

スポンサードリンク
 





慣れない地域でのお葬式の参列は

とても戸惑うものですよね。

お葬式というのは地域や宗派によって大きく違ってきますので

いつもと同じつもりで行ったら、

恥ずかしい思いをしてしまったなんてことも・・・。

特に雪国での参列の経験がない場合、

服装に困ったという話を聞きます。

そこで、雪国でのお葬式の場合の

靴やタイツのマナーについてご紹介します。

雪国のお葬式でもパンプス必須?タイツは履いてもいいの?

スポンサードリンク

私が住んでいる北海道では、

特にお葬式の服装に対する厳しいマナーなどはないように思います。

妊娠中、祖母の葬儀に参列したことがありましたが、

妊娠中に着る礼服がなく、

マタニティーのフォーマルなワンピースで参列しました。

ただ、この話は近い親戚ですし、家族葬でしたので許されましたが

ご友人や会社関係だとそうもいかない場合はあるかもしれませんが・・・

まず、冬場の靴についてですが、パンプスはお勧めできません。

冬場は雪が積もり道が悪くなりますので、

パンプスですと雪が靴に入ってきてしまいますし、

滑って転倒する危険もあります。

そして何より、冷えます(苦笑)

外を歩く時間は短時間かもしれませんが

北海道の冬は、本当に道が悪いです。

札幌の街中であれば除雪も行き届いていて

道も舗装が出ているくらいですが

葬儀場は大体街中から離れていますので

雪も残っていますし、最悪道がありません。

そんな中パンプスで歩くわけにはいきませんので

葬儀の際の靴はブーツで構いません。

また、足元の防寒対策ですが、

冬場は黒い厚手のタイツで構いませんよ。

雪国のお葬式でブーツを履いたら白い目で見られる!?

お葬式とは少し遠いイメージのブーツ。

しかし北海道や雪が積もる地域では、

フォーマルな場でも冬場はブーツですので

白い目で見られる心配はありません^^

しかし、葬儀にあまり華美なものは

やはり失礼に当たりますので、

黒いフォーマルなブーツを選ぶようにしましょう。

まず避けたいのはヒールです。

しかし、ぺったんこのブーツというのも

スポンサードリンク

少々フォーマルとは違う気がしますので、

3~5cm程度かかとが高くなっている

フォーマルなブーツが多い気がします。

地域や時期によりますが、雪が少なければ、

ショートブーツはそれなりにフォーマルなものも

たくさん店頭に並んでいますので、おすすめです。

雪国のお葬式の服装はこれでマナーも防寒対策もバッチリ

お葬式に参列する際、一番気を遣う服装。

近い親戚であれば多少崩した服装でもいいのですが、

他人の葬儀ではそうもいきませんよね。

特に雪国の冬場の葬式というのは、

どんな服装で行ったらよいか悩みどころですよね。

まず、マナーに気を取られすぎず、

防寒対策も考えて服装を選んでほしいところです。

礼服の中の肌着を長袖や裾の長めのものにして、

中から冷え対策をしてみてください。

胸元がレースになっていたりと

多少見えてもおかしくないものもあります。

服の中から防寒対策をすれば外からは見えませんので、

中からの防寒対策をおすすめします。

スカートの中に履く中履きの防寒スパッツもおすすめですよ^^

そして次は見える部分ですが、

最近では裏起毛タイツというものもありますので

スカートを履いていても温かく過ごすことが出来ます。

上着はお持ちのコートなどで構いません。

葬儀場ではついてすぐ脱ぎますし、

コートが黒くないからと言って

非難する人もいませんのでご安心ください^^

まとめ

基本的にはどの地域のお葬式も

黒を基調にしたフォーマルという部分は変わりません^^

あまり華美になりすぎないもので

しっかり防寒・防滑対策を忘れずにしてください。

私が今まで参列してきた葬儀ですが

基本的にそんなに厳しいものはなかったかな?

という印象ですので、そこまで固く考えず参列してください^^

くれぐれも、風邪にはお気を付けください!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告