link_bingo1




お葬式にタイツはNG?喪服に合わせるストッキングのデニール数が気になる

bingo1

スポンサードリンク
 





寒風吹きすさぶ中、お葬式に参列することになりました。

ストッキングでは、とても寒くて耐えられそうにありません。

黒いタイツを履いて行きたいけど、これはマナーに反するのでしょうか?

ストッキングを履くなら、デニール数はどれくらいのものがいいのでしょう?

お葬式に履くストッキングの濃さにマナーはあるの?

スポンサードリンク

お葬式に参列するとき、喪服に合わせるストッキングの色は黒が基本です。

濃すぎず薄すぎず、肌の色がうっすらと見えるくらいの濃さがよいとされています。

大体20~30デニールを目安に選ぶのが良いようです。

でも、厳寒の冬にストッキングは寒い!

気温が氷点下になるような季節や、積雪のある地域でも、

ストッキングを履かなければいけないのでしょうか?

お葬式の服装は、悲しみを表すために着るものです。

寒い季節には、60デニールまで厚手のものを履いても差し支えありません

お年寄りや妊婦、高血圧などの持病がある方は、体を温かく保つ必要があります。

その場合は、黒いタイツを履いて体が冷えないようにしてください。

それでも寒さがこたえる場合は、パンツスーツを着るという手もあります。

足腰が痛くて正座ができない方にもおすすめです。

お葬式に履くストッキングのおすすめはこれ!礼装ストッキング

黒で無地だからいいだろうと慌ててストッキングを買ってみたら、

つやつやと光沢のある素材で、葬儀に履けなかった。

…なんていう失敗をすることがあります。

パッケージの上から、ストッキングの素材感を確かめるのは、

なかなか難しいですね。

よく見れば、光沢ありと書いてありますが、

急いでいると、よく確かめずに買ってしまうこともあります。

そんな時に便利なのが、礼装ストッキングです。

礼装ストッキングは、お葬式に履くのにふさわしいように作られています。

細かい網目で、適度な透け感があり、失敗がないのでおすすめです。

葬儀に履くストッキングでNGなのは、

色物、柄物、網タイツ、ラメ入りの物、光沢のあるものです。

これらは悲しみの席である葬儀には、ふさわしくありません。

ところで、肌色のストッキングを履いて参列する人もいますね。

どうして肌色を履くのでしょう?

そもそも肌色は、色物でしょうか?

「肌色はストッキングの基本の色であり、正装には肌色を履くのが正しい。」

という考え方があります。

むしろ、黒は色物の一種とみなすのです。

だから、黒を葬儀に履くのはふさわしくないと考える人もいます。

今は黒いストッキングを履くことが当たり前になり、

葬儀には黒いストッキングが正装だと言われていますが、

肌色が正装だと思う人もいるのです。

お葬式の服装は、地域や世代、故人との関係性で千差万別です。

自分が正しいと思う服装でない人がいたとしても、

その人にとっては、それが正装なのだと理解してください。

まとめ

葬儀に履くストッキングは、適度な透け感のある30デニール以下の黒が基本です。

しかし、寒風吹きすさぶ真冬には、タイツを履くのも容認できます。

特にお年寄りや妊婦さんは、タイツを履いて保温に勤めてください。

礼装ストッキングは、

葬儀にふさわしい素材と透け感で作られているので、おすすめです。

何を正装とするかは、地域や人によって様々です。

肌色のストッキングを正装と考える人がいることも理解しましょう。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告