link_bingo1




いちごの傷み具合の見分け方知りたい!スーパーではここをチェック!

bingo1

スポンサードリンク
 





大好きないちごをスーパーで買いました。

早速洗って食べようとザルにあけたら、柔らかいいちごがいくつか混じっていました。

なんだかテンションが下がる・・・

この柔らかいいちご、食べても大丈夫なのでしょうか?

傷んでいるいちごは、どうやって見分ければよかったのでしょう?

いちごの傷み具合は、買う時点でチェックしたいものですよね。

そこでこのページでは、いちごの傷み具合の見分け方について、スーパーではどこをチェックすればいいかご紹介します。

知っておこう!いちごの傷み具合の見分け方

スポンサードリンク

いちごは1月〜3月に一番甘くて美味しいものが安く出回ります。

美味しいだけでなく、ビタミンCビタミンB群、目に良いとされるアントシアニンや活力の元のアミノ酸など、多くの栄養が含まれています。

健康や美容に必須の栄養素が豊富なんですね。

しかしいちごを摘んだ後は、日持ちがせず傷みやすいため、買う時はより新鮮なものを選びたいものです。

いちごが持つ栄養素をたっぷり摂取するためにも、新鮮さは重要です。

では、新鮮ないちごを見分けるポイントはなんでしょうか?

  • みずみずしく香りに甘さを感じる
  • ヘタ近くまで赤く色づいている
  • 全体的にツヤがある
  • 先端がツンと尖っている
  • ヘタが緑色でハリがある

これらの条件が備わったいちごが新鮮で、かつ、甘みが多く美味しいと言えます。

もしもいちごが傷んでいる場合、赤黒かったり、ピンク色に変色しています。

また、いちごの果実が変色していなくても、ヘタがしおれていたり、黄色くなっていると新鮮とは言えません。

逆にツヤがあっても、実の部分が白っぽかったり、緑色の部分が多いと、未熟で甘くありません。

いちごは先端が最も甘い部分ですが、先端が赤黒かったりピンク色の場合は、いちごが傷んでいるサインなので避けましょう。

パック詰めは、下のいちごが押しつぶされて傷んでいることがよくありますので、パックの下の部分も覗いて、よく確認しましょう。

スポンサードリンク

もし傷んだいちごが含まれていると、酸味を含んだ異臭がします。

いちごはみずみずしく甘い香りがするので、香りからチェックするのも方法の一つですね。

いちごは傷んでる部分を捨てれば食べられる?

いちごを買ってきてから数日後、取り出してみると一部分が変色している、なんてことありませんか?

悪い部分だけ切れば大丈夫!と、私は削ぎ落として食べることがあります。

ピンク色の傷みはぶつかったり押されたための変色で、その部分を切ってしまえば、他の箇所は問題はありません。

赤黒く変色している場合は、カビも混じっている恐れがあります。

目で見て変化がわからなくても、内部まで浸透している可能性もあります。

いずれにしても、甘さや香りは激減して美味しくなくなっているうえに、栄養素も壊れています。

このような状態だと、残念ですが無理して食べる価値はあまりありません。

いちごは傷みやすいので、買ってきたらなるべく早く食べた方が良いです。

でも、できれば1日や2日間は楽しみたいですよね!

高級苺ならなおさら(笑)

いちごの日持ちと長持ちさせる保存方法については、いちごは冷蔵庫でどれぐらい日持ちする?なるべく長く保存するには?で紹介しています。

まとめ

いちごの傷み具合の見分け方をご紹介しました。

傷んだ部分を切り落とせば食べられなくはないですが、赤黒く変色したものはカビている場合があるので、食べないほうが賢明です。

いちごは衝撃に弱いデリケートな果物なので、スーパーで買う時は、傷みのチェックをお忘れなく!

いちごの保存方法については、いちごは冷蔵庫でどれぐらい日持ちする?なるべく長く保存するには?をご参考にどうぞ!
bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告