link_bingo1




肉を解凍した時に出るドリップは捨てるべき?どうしたら防止できるの?

bingo1

スポンサードリンク
 





冷凍したお肉解凍したら大量のドリップが出てしまった!なんてこと、ありますよね。

ドリップが出たお肉は、冷凍しているうちに傷んでしまったの!?

なんだか鮮度が怪しそう・・・と感じますが、そんなことはありません。

お肉のドリップは、少し戸惑いますが、食べても問題はありません。

冷凍したお肉を解凍したときにドリップが出たときの対処方法と、ドリップを防ぐ方法についてご紹介します!

肉を解凍してドリップが出たらどうするのが正解?

スポンサードリンク

家で冷凍して解凍したお肉のパックの底に、赤いドリップが沈んでること、ありますね。

スーパーのお肉売り場でも、ドリップをじっくり観察して購入している人をよく見かけます。

私もその一人ですが(笑)

実は、お肉からドリップが出ていたとしても、お肉が腐っているとか、日にちが経っている

というシグナルではありません

鮮度のいいお肉は、水分旨味を内部にたっぷり含んでいます。

これを冷凍すると、繊維が縮みはじめ、水分と旨味成分が外に押し出されながら凍ります。

そして、お肉を解凍する際、外面から溶け始めると水分だけが落ちてドリップとなります。

従って、お肉の旨味が含まれるドリップは、多ければ多いほどお肉の味も落ちている、と言えるのです。

つまり、ドリップはお肉に含まれていた水分と旨味成分です。

解凍直後のドリップが出たお肉は、変色したり変な臭いがしない限り、普通に調理して食べられます。

焼くと少しパサつく、脂のノリが悪いという味の劣化はありますが・・・

煮込みやソース作りの際は、ドリップごと調理すれば、お肉の旨味も再利用できます。

もちろん、抵抗がある場合やフライパンで焼き付ける調理の時は、ドリップは捨てても構いませんよ。

スポンサードリンク

肉を解凍した時にドリップが出るのを防止する方法は?

かたまり肉ひき肉などは特に、解凍するとドリップが多く出ることがあります。

それだけ水分や旨味が多い肉だったということですね。

また、電子レンジ暖かい室内で解凍すると、これまた多くドリップが出ることがあります。

これは、ドリップが多く出るのは急速に解凍をしたためなんですね。

お肉は、外側を熱で温めると、凍っていた水分だけが先に抜け落ちてしまうのです。

では、ドリップは冷凍して解凍をする以上、出るのは仕方がないのかというと、そうではありません。

ドリップを防止するには、とにかくゆっくり解凍することです。

時短にはなりませんが、冷凍室から冷蔵室に移して、長時間かけて解凍します。

お肉を食べる日の前日から、冷凍室から冷蔵室に移しておくといいですよ。

うっかり冷蔵室に移し忘れたときは、氷水を入れたボウルに浸けたり、流水を掛けながらの解凍でも、ドリップは出にくいです。

つまり、一定の低い温度を保った場所で、ゆっくり溶かすのがポイントです。

こうすれば、肉に水分が浸透したまま、解凍することができます。

まとめ

お肉を解凍した際に出たドリップの対処方法と、ドリップを出さないための解凍方法をご紹介しました。

ドリップは、急速に解凍することで出てしまいます。

また、冷凍と解凍を繰り返すことも、その分肉の旨味や水分を落とすことになります。

そのため、冷凍したお肉を解凍する際は、冷蔵庫に移したり、氷水を入れたボウルにつけたりして、ゆっくり時間をかけることが大事です。

うっかり冷蔵庫にお肉を移しそびれてしまったときも、なるべくレンジは使わないほうが、お肉からドリップを出さずにすみますよ~

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告