link_bingo1




保冷バッグは保温効果があるの?冬でも使える裏ワザ教えます!

bingo1

スポンサードリンク
 





夏に大活躍する保冷バッグ

保冷剤と一緒に使えば、

飲み物や食品を冷たいままキープしてくれます。

これを、冬の保温に利用できるでしょうか?

冬の保冷バッグの意外な活用方法をご紹介します!

保冷バッグは冬でもこんなに活躍する!

スポンサードリンク

夏の暑い時期、

冷たいものを冷たいまま持ち歩きたい。

そんな時に便利なのが保冷バッグ

クーラーボックスは重くてかさばるけど、

保冷バッグは、軽くて持ち運びに便利なすぐれものです。

保冷剤と一緒に使えば、暑い夏でも中身はひんやり~。

これを、冬に保温バッグとして利用できるでしょうか!

保冷バッグは、外側と内側が二重構造になっています。

間に、熱の伝わりをさえぎるための、

空気の層があるのです。

熱をさえぎる機能は、

外が暑くて中身が冷たい場合も、

外が寒くて中身があたたかい場合も変わりありません。

だから寒い冬に、あたたかい缶コーヒーや

ペットボトルを持ち歩くのにも使えます!

できたてのお料理を、あたたかいまま届けたい時、

あたたかいおしぼりを用意したい時、

保冷バッグを利用すれば、ある程度保温できます

しっかり保温するためには、

保温剤を一緒に使うことをお勧めします。

保温剤は、電子レンジで温めて繰り返し使える

例えばこんなものがあります。

↓ ↓ ↓

わざわざ保温剤を買わなくても、

保冷剤を温めて使えばいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんね。

保冷剤でいいような気もしますが、

保冷剤は、耐熱性が無いものが多いので、

溶けたり破れたりする可能性があります

もし保温剤の代わりに保冷剤を使う場合は、

耐熱温度をよく確かめてくださいね。

お弁当あったか!?保冷バッグにカイロを入れて使うのはあり?

保冷バッグが保温バッグとしても使えるなら、

お弁当用の保冷バッグに使い捨てカイロを入れて、

あたたかくして持っていくのはどう?

スポンサードリンク

私は、お弁当をカイロで保温して持って行くのは、

やめた方がいいと思います。

だって、考えてみてください。

カイロであたためるということは、

大体40℃くらいの温度であたためるということですよね。

それって、真夏の暑い時に、

あたたかいままのお弁当を長時間持ち歩くのと

同じくらいの温度じゃありませんか!?

真夏に、なまあたたかいお弁当を持ち歩いたら、

中身はどうなるでしょう…?

食べるころには、食中毒の原因になる菌が

ウヨウヨと増殖しているかもしれません!

でも、さっき

「できたての料理を、あたたかいまま届けたいときにいい」

って言ってたじゃないか…って?

それはデリバリーのピザのように、

届いたらすぐに食べるのが条件です。

長時間なまあたたかいままでお弁当を置いておくのは、

良くありません。

あたたかいお弁当が食べたいなら、

専用のランチジャーを使いましょう。

なぜ、ランチジャーはOKなのか?

それは、ランチジャーが高い温度をキープできるからです。

菌の増殖をおさえるくらいの高温を

保ち続けることができるランチジャーなら、

あたたかいままでも大丈夫。

安心して食べることができます。

保冷バッグを保温に使うときは、

封を切る前のペットボトルや

短時間ですぐ食べる場合に限定してくださいね。

まとめ

夏に便利な保冷バッグは、

空気の層で熱の伝わりをさえぎっているので、

冬にも保温バッグとして使うことができます。

ですが、カイロを入れてお弁当を保温するのは、

温度が低いのでやめましょう。

お弁当には、

十分な高温を維持できるランチジャーがおすすめです。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告