link_bingo1




クラシックのコンサートにサンダルはNG?夏のおすすめの服装とは?

bingo1

スポンサードリンク
 





夏に開催されるクラシックコンサートに誘われて、友人と一緒に出かけることになりました。

初めて行く大きなコンサートホールなので、今から楽しみ!

でも、クラシックコンサートなのでちょっと緊張も・・・まず、何を着て行ったらいいのか悩みます。

友人からは「カジュアルなコンサートだから、好きな服装で大丈夫だよ!」と言われました。

クラシックコンサートだけどカジュアル?

ジーンズでもいいってこと?

サンダルはさすがにダメだよね!?

そんなに心配しなくても大丈夫ですよ!

夏のコンサートはサンダルでもOKです!

でも、ちょっぴり注意が必要です。

夏のクラシックコンサートの服装と、持って行くと便利なものをご紹介します!

クラシックコンサート服装悩むよね・・・女性向け夏のおすすめスタイル

スポンサードリンク

豪華なエントランスがあって、格式が高く感じる大きなホール。

クラシックのコンサート会場って、他の場所にない独特の雰囲気がありますよね。

そうなると、普段着では行けないかな・・・って思いがちですよね。

でも、実はほとんどのクラシックコンサートには、特別なドレスコードはありません。

もし大人として少しきちんとしたいという時は、出勤するときのような服装で大丈夫です。

スーツスタイルやワンピース、パンツやスカートにブラウスを合わせるだけで、十分正装の範囲内です。

せっかくの機会なのでオシャレして出かけたい!という時は、夏らしい色彩の服で、比較的清楚な雰囲気を心がけると、会場にもなじみます。

実は、クラシック音楽を愛好する人たちは、些細な音に敏感です。

ですから、場の雰囲気に合ったドレスコードは、あえて言うと「音が出にくい服装」です。

動くと音がするものは、バッグの金具でさえホールでは意外と響きます。

アクセサリーは、できれば小ぶりのピアスやネックレス、ブレスレットを身につけてください。

体が動くたびに音がするアクセサリーはNGです。

夏のサンダルもOKです。

ただし、ホールの床は板張りのところが多く、しかも建物の構造上、階段が多いのが特徴です。

滑りやすいうえにとても響きますので、高いヒールで歩く時は十分注意してくださいね。

スポンサードリンク

クラシックコンサート 夏はカーディガン必須⁉︎ 持って行くといいもの教えます

夏の時期、オーケストラは定期公演とは別に、夏休みに合わせたイベントコンサートを開催します。

お子さんが喜びそうな内容や、家族で楽しめるプログラムも企画されます。

気楽に行けるのが夏のコンサートの特徴なので、楽しいひとときを過ごしに行きましょう!

この時期に注意したほうがいいのは、ホール内の空気の乾燥と温度です。

収容人数を計算して、ホール内の空調は低めの設定です。

また、コンサートはだいたい2部構成になっていて、1部あたり40分ぐらい演奏が続き、途中退出は難しいです。

ですので、夏の薄着の服装には、カーディガン持参を強くオススメします

大判の軽いスカーフも便利ですよ。

ホールによってはブランケットを貸してくれることもありますが、数に限りがあったり、そもそも準備がないホールもありますので、冷房を防ぐものは持って行ったほうがいいです。

私は夏は必ずカーディガンかストールを持って行くようにしています。

また、真夏は素足のことも多いと思いますが、足元が意外と冷えるので、素足よりストッキングがおすすめです。

とはいえ、真夏にストッキングは行くまでが暑くて大変なので、私はフットカバーソックスを持って行って、開演直前にそっと履いています。

開演中に、冷えてトイレに行きたくなったり、寒くて音楽に集中できないともったいないですからね!

ホールの寒さ対策はお忘れなく!

まとめ

夏のクラシックコンサートの服装と持っていくと便利なものについて、ご紹介しました。

夏はサンダルでも大丈夫ですよ!

クラシックコンサートで最優先すべきことは、音楽を楽しみたい人たちへの配慮です。

だから、余計な音を出さないオシャレならなんでもOKなんですね。

ホールの冷房対策のためのカーディガンやスカーフ、フットカバーは是非お持ちくださいね。

楽しいコンサートを!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告