link_bingo1




今さら聞けないクラシックコンサートのブラボーの意味は?言うのがマナー!?

bingo1

スポンサードリンク
 





初めてのクラシックコンサート。

大きなホールに大勢のオーケストラの演奏。

迫力に圧倒されつつラストは壮大で力強い曲。

演奏が終わると途端に割れんばかりの拍手の間から

ブラボー!!

と言う声が聞こえてきた。

ブラボーって言う人、

海外映画とかドラマのシーンで観たことあったけれど

実際に言う人いるんだな、と驚いた。

あれは観客から自然と出てくる言葉?

ブラボーってどんな意味?

自分も言わなくちゃいけないもの?

ブラボーは感動を言葉にしたい時の最高の感嘆詞です。

クラシックコンサートではよく聞かれますが

実は謎も多いブラボー。

その意味と正しい使い方についてご紹介します。

知らなかった!クラシックコンサートのブラボーにはこんな意味が!

スポンサードリンク

ブラボーは「bravo」(ブラーボ)、

「素晴らしい」、「よくやった!」という意味を持つイタリア語です。

今では映画や演劇、コンサートでの

良いパフォーマンスへの賛辞の言葉として使われています。

ブラボーは男性詞ですので、

女性の出演者には「ブラーバ」、複数人の演者には「ブラービ

と語尾が変わります。

今では「ブラボー」のみが世界中の共通語として使われていますが、

ヨーロッパの劇場では、指揮者やオペラの主役などの性別に沿って

違う掛け声が聞けることがあります。

ブラボーは出演者においても、

観客へ感動を届けられた実感に触れられ

誇らしく思える感嘆詞です。

コンサートのブラボーの掛け声マナー違反になることも!?

実はブラボーは任意の行動です。

でも、好きな時好きなだけ叫んでいい、

というものでもありません。

ブラボーは基本的に、コンサート中盤で行ってはいけません

全てのプログラムが終わった際に

行うのが礼儀とされています。

それは、

全てのステージにおいて、

出演者はこの公演の成功のために全力で集中しています。

ですので、この努力を遮ってはマナー違反となるのです

また、プログラムが故人に捧げるものや宗教に関する場合は

ブラボーは控え、温かい拍手で留めます。

タイミングを外したブラボーは

場の雰囲気を乱し恥ずかしい思いをします。

ですので、クラシックコンサートにおいては、

プログラム全てを把握しマナーに長けている

ファンの方が掛けるブラボーに任せましょう。

感動への賛辞は拍手で十分出演者に届きます

手を頭の高さに挙げ、笑顔と共に大きい動作の拍手は、

ステージ上の出演者たちからでも

はっきり見えるものなんですよ!

まとめ

クラシックコンサートなどの「ブラボー」

の意味と掛け方をお伝えしました。

いかがでしたでしょうか。

もし、一度はブラボーと声がけしたいな

と思った時は、

全ての演目が終わり、一度袖に戻った指揮者が再びステージに現れる

カーテンコールがグッドタイミングです。

マナーを踏まえた感動を大いに出演者に伝えられたら

コンサートの楽しみが増えますね!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告