link_bingo1




カラーバターの使い方のキホン!乾いた髪に使える?置き時間や落とし方を知りたい!

bingo1

スポンサードリンク
 





カラーバターって聞いたことありますか?

私自身は髪をブリーチしてあるのでたまに使います!

むしろこれを楽しみにブリーチした感じですね。

黒や茶の落ち着いた色味から、

赤やパープル、アッシュなど個性的な色味、

好きなものが楽しめます。

1番発色が良いのはブリーチ毛ですが、

ヘアカラーして明るめの髪なら、

カラーバターですと色味を感じられるものもあります。

ブリーチなどで髪が傷むのが気になり、

これ以上、普通のヘアカラーやヘアマニュキュアはしたくないなあ。。

という方にオススメです。

それでは早速、カラーバターのキホン!

乾いた髪に使えるのか?

カラーバターの置き時間や落とし方をご紹介します!

カラーバターの使い方 乾いた髪でもOK?置き時間はどのくらい?

スポンサードリンク

私自身、結構疑問だったところなのですが

トリートメントなどを乾いた髪につけて洗い流してからシャンプーすると、

トリートメント成分が髪にしっかり入ると聞きますよね。

カラーバターでもそうなのかというと、答えは五分五分のようです。

なぜかと言うと、カラー自体はハッキリと入るようですが

乾いている分、ムラになりやすく上手く均等に染められないです。

シャンプーし、タオルドライ後など

水気が残っている状態のほうが均等に塗布でき、

塗りムラが出来にくいようです。

そして、置き時間なのですが

10分から20分となかなか幅があります。

染めたい色合いや髪の毛の状態により、変わってきます。

傷みが酷かったり、かなりブリーチされた髪であれば

色の入りは早いですので、15分くらいたつと

濃く色が入る場合がほとんどです。

逆に傷んでいない髪や、そんなに濃く色を入れたくない場合は

よく様子を見て、短い置き時間にすると良いです。

普通のトリートメントと混ぜて薄めるのも効果的です。

カラーバターの落とし方は?簡単にできる?

いざ、染めてみて意外とあるのが

思ってた色と違う。。!という事態です。

あとは黒染め代わりにカラーバターで黒くしたけど、

いつ落ちるんだろう?という場合。

これも、もとの髪色や入れた色にもよりますが

すぐに落ちます!

シャンプーする度に落ちるという認識で大丈夫です。

濃い色だと多少色味は感じますが、

どちらかというと、退色を楽しむイメージですので

長期間染めたい場合はあまり向いてないです。

カラーシャンプーというものもあり

こちらは染めるのではなく

色落ちを緩やかにするものになっています。

明るいピンクや、青の維持、金髪の黄味消しに使用します。

基本的に染める時は手袋着用となるのですが

肌についた場合、石鹸でよく洗えばなんとか落ちます。

しかし、洗面台などについてしまうとなかなか取れないので、

つかないように気をつけてくださいね。

まとめ

最近では、派手髮がオシャレとして

多く取り入れられるようになりましたよね。

何か理由があれば別ですが

やってみるのが一番楽しいと思います!

カラーバターならシャンプーするとどんどん落ちていくので

気軽に好きな色を楽しめますし、髪も傷みませんよ。

興味ある方は、是非使ってみてほしいです♪

最近ではネットでも、手軽にお試しサイズのものから手に入りますし

ヴィレッジヴァンガードドンキホーテでも

手に入れることができます。

エンシェールズカラーバターというものだと

価格が2,000円から3,000円くらいで

髪の長さにもよりますが、200グラム入りなので

何回か使えます!

こちらは成分の9割がトリートメントで出来たものなので、

染め上がりもつるっとします!

ぜひトライしてみてくださいね。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告