link_bingo1




ガラスに残ったガムテープ跡…劇的にきれいに取る方法を発見!!

bingo1

スポンサードリンク
 





引っ越しの際、窓ガラス破損防止にビニールシートをガムテープで貼りました。

荷解きも終わったのでビニールシートを取ろうとしたら、ガラスに貼りついたガムテープがなかなか剥がれない!

剥がし損ねて跡が残った部分を何度拭き取ろうとしても、接着剤がガラスに広がるばかり・・・

窓ガラスも新しいものを張ったばかりなので、ガムテープの跡が付いてるのはカッコ悪い。

なんとかして綺麗なガラスになりませんか?

ガムテープの接着剤を剥がす方法を教えて!

ご安心ください!

ガムテープの接着剤の残りは、家庭にあるアイテムで簡単に綺麗に剥がれますよ。

ガラスに張り付いたガムテープやガムテープ跡の剥がし方をご紹介しましょう。

ガラスに貼ったガムテープのキレイな剥がし方は?

スポンサードリンク

ガラスから剥がし損ねたガムテープ跡はとにかく目障りですよね。

ガムテープの接着剤は頑固ですが、意外と簡単に取れてしまうんですよ。

まずは

・ドライヤー
・マニキュアの除光液
・新品のカッターの刃か安全カミソリ

を用意してください。

まずはガラスから10cmほど離して、ガムテープの上にドライヤーの温風を当てます。

1分ほど続けると、接着剤が柔らかくなり、ガムテープがガラスから離れやすくなります。

この時点で小さいガムテープなら取れることもあります。

取れない場合は、さらにコットンに多めに除光液を含ませ、ガムテープの上から叩き含ませます。

除光液を使う時は、換気して空気の良いところで行ってくださいね。

接着剤が溶けて緩くなったら、カッターの刃安全カミソリを使って、ゆっくり剥がしていきます。

この時、カッターやカミソリの刃はなるべく寝かせて、ガラスを傷つけないようゆっくりと動かしてください。

ガムテープの表面が剥がれれば、接着剤だけが剥がれ残っても、除光液とカッターやカミソリの刃の繰り返しで簡単にこそぎ落とすことができます。

ガラスに残ってしまったガムテープの跡はこうやってキレイに!

除光液とカッターやカミソリの刃で削ぎ落としたガムテープですが、下の接着剤だけ粘り強く残ることがありますね。

除光液で伸びた接着剤が、薄く残ることもあります。

でもこれも意外なもので綺麗に落ちるんです!

スポンサードリンク

カッターの刃も有効ですが、ガラスが傷つくのがちょっと怖いですよね。

そこで、メラミン樹脂のスポンジに水をつけて残った跡を擦り洗いします。

メラミンスポンジといえば、「激落ちくん」ですね。

100均で売っているメラミンスポンジでももちろんOKです。

ダイソーのメラミンスポンジは大容量なのでおすすめですよ。

メラミンスポンジがない時は、同じ効果が得られる消しゴムで代用して擦り落としてください。

また、普段使いのハンドクリームを指につけてクルクル塗り続けても、みるみる跡が落ちますよ!

ハンドクリームの油分がガムテープ跡を一緒に取り込んで、キレイに力を入れずに剥がしてくれます。

メラミンスポンジがない場合は、とりあえずハンドクリームで試してみてください。

まとめ

ガラスに張り付いたガムテープやガムテープの跡を綺麗に取る方法について、ご紹介しました。

自宅にあるドライヤー、除光液、カッターの刃か安全カミソリがあれば、簡単に剥がすことができます。

カッターやカミソリでガラスを傷つけるのが怖い場合は、メラミンスポンジ、消しゴム、ハンドクリームで試してみてください。

ガムテープの跡をきれいに剥がすポイントは、ガムテープの接着剤を無理なく落とすことです。

ガムテープの接着剤が熱や油分などに弱い特徴を利用して、慌てずにゆっくり剥がしていきましょう。

粘着テープの跡がついて取れない場合は、粘着テープの跡を劇的に消すビックリしちゃうほど簡単な方法とは?を参考にしてくださいね。

窓ガラスに潮風が吹き付けて白くなってしまった時の汚れの落とし方は、必見!潮風で真っ白な窓ガラス…簡単に掃除する方法は?で紹介しています。

ぜひ合わせてご覧下さいね。

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告