link_bingo1




オイルヒーターにたまったほこり何とかしたい!ラクラクな掃除方法はコレ!

bingo1

スポンサードリンク
 





空気を汚さずに部屋を暖めてくれるオイルヒーター。

形も薄く場所を取らないし、カンタンに移動もできるので本当に便利ですよね。

通常リビングに置いていたオイルヒーター、

最近、パネルの隙間にかなり溜まったホコリを発見。

表面はこまめに拭いていたけれど、

思えばジャバラの溝まではちゃんと見ていませんでした。

ちょっと掃除機を近づけてみたけれど、

まだまだ手の届かない隙間に残っているホコリ。

放っておくと、なんだか危険な気もしてきます。

放置しておいたら火事になったりしませんか!?

電気器具のホコリ、実は最も大敵なんですよ。

オイルヒーターの手の届かない溝のホコリ、

スッキリきれいにしたいですよね。

オイルヒーターのホコリ、

放置していると起きるかもしれない危険なことと

隙間まできれいに掃除する方法をお伝えします!

オイルヒーターにほこりが溜まってると火事になるって本当?

スポンサードリンク

突然ですが、トラッキング現象という単語、

耳にしたことありますか?

電気器具は水とホコリに弱いもの。

特に、溜まったホコリが電気が流れる箇所に触れてショートし、

時には火災にまで繋がる危険な現象なのです。

オイルヒーターがダメになるばかりか、

火事になるとなれば「たかがホコリ」とは言えなくなりますよね。

ところが、オイルヒーターの性質上、

ホコリは切っても切れない関係なのです。

パネルで熱を対流させる際に静電気が起こり、

床面などのホコリを吸い上げるのです。

この溜まったホコリが導火線の役となり、

静電気とともに電気の接触部分に触れれば

大事故に繋がりかねません。

ですから、少量のホコリでは事故の危険性は薄くても

日頃からこまめに掃除をすることをお勧めします。

オイルヒーターのほこりの簡単な掃除の仕方は?

安全性を考え、オイルヒーターは常にきれいにしておきたいものです。

しかし、残念ながら水で丸洗いができません。

表面は、固く絞った濡れ布巾などで拭き掃除はできますが、

ヒーターの使用はしっかり乾いてからにしましょう。

そして肝心なジャバラ部分の隙間、溝にホコリが溜まりやすいですね。

まずは掃除機の隙間用ノズルで、取れるホコリを出来るだけ取ります。

吸い残った隅のホコリや手の入らない箇所には、

エアーダスターがオススメです。

ノズルから強い空気を噴射して、細かいホコリを吹き飛ばします。

なお、ガスを使用したスプレー缶式のエアーダスターは、高温になる場所に吹きかけると、空気中のガスに引火する恐れがあります。オイルヒーターの掃除に使用する場合は、上記のような空気を噴射するタイプのエアーダスター(ブロワー)がおすすめです。

日頃の掃除には、静電気でホコリを取ってくれる

ストッキングが重宝しますよ。

そして、重要なのは床面をいつもきれいに掃除すること

床面にホコリがなければ、

その分オイルヒーターも汚れないというわけです。

オイルヒーターの掃除頻度の目安は約1週間

こまめに掃除しましょう。

まとめ

オイルヒータの溝に溜まったホコリの危険性と

掃除の方法についてご紹介しました。

火事にまで繋がるとなると、掃除も丁寧になりますよね。

でもホコリが溜まってからでは、時間も手間もかかりがち。

気がついた時にチェックをして、まめにきれいにする心がけを!

bingo3

スポンサードリンク
 





link_bingo2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連広告ユニット

おすすめトピックと広告